ノットの意味や記号とメートル毎秒(m/s:秒速)の変換(換算)方法【風速などの速度の単位】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析を行う際によく単位に関する知識が必要となることがあります。

例えば、風速を始めとした速さの単位としてノットやメートル毎秒(m/s:秒速)を使用することが多いですが、これらは状況に応じて使いわける必要があり、相互変換できるようにしておくといいです。

ここでは、これらノットの意味や記号とメートル毎秒(秒速:m/s)との変換(換算)方法について解説していきます。

スポンサーリンク

ノットの意味や記号【風速などの速度の単位】

それではまず風速を始めとした非SI系の速さの単位のノットの意味について考えていきます。

ノットとは1時間当たりに進む何海里進むのかを表した単位であり、1海里=1852mと定義されていることから、1ノット=1852m/h(メートル毎時)となります。

なお単位のノット(knot)は記号knやktなどと記載するのが基本です。

ノットと秒速(メートル毎秒:m/s)の変換(換算)方法

それでは、ノットとメートル毎秒(m/s)の換算方法についても確認していきます。

先にも述べたように1ノット=1852m/hです。ここで、1h=3600sであることを考慮しますと、1ノット=1852/3600m/h=約0.5144m/s(秒速)と換算することができるのです。

逆に、メートル毎秒基準で考えますと、1m/s=約1.944ノットと求めることもできます。

ノットという単位はなかなか出てくるものではないので、この機会に覚えておきましょう。

ノットと秒速(メートル毎秒:m/s)の変換(換算)の計算問題を解いてみよう

それでは、ノットとメートル毎秒(m/s:秒速)の扱いに慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題1

3ノットは何メートル毎秒(m/s)と計算できるでしょうか。

・解答1

3×0.5144=2.572m/sと換算できるのです。

まとめ ノットの意味や記号とメートル毎秒(m/s:秒速)の変換(換算)方法【風速などの速度の単位】

ここではノットの意味や記号、メートル毎秒(秒速:m/s)との変換方法について解説しました。

・1ノット=1852m/h
・ノットの記号はktやkn
・1ノット=1852/3600m/h=約0.5144m/s(秒速)
・1m/s=約1.944ノット

さまざまな単位変換に慣れ、毎日の業務に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました