圧壊と破壊と圧潰とは?違い使い分けは?【意味】

スポンサーリンク

科学的な文章を記載していく際に、言葉の選び方に迷うときがよくあります。

例えば、対象物に対して外部から力をかけて物体が壊すことをイメージできる言葉として、「圧壊」「破壊」「圧潰」などが挙げられますが、これらの意味や違い・使い分けについて理解していますか。

ここでは、これらの圧壊と破壊と圧潰の意味や違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

圧壊とは?圧壊と破壊の違いや使い分けは?読み方は?

まずは、圧壊の意味について確認していきます。

結論からいいますと、圧壊とは言葉の通り外部から圧力を加えることによって対象物を壊す、破壊するという意味を持ちます。

ここで大事なポイントとしては、「圧力を対象物に加えて」壊すことです。圧壊の読み方は「あっかい」です。

このとき、外部からの力の加え方としては基本的には機械的な力のことがほとんどです。具体的によく見かける圧壊の例としては、平板や丸棒などの形状の金属を対象物に対して押しつけ、加圧していき、その変形・破損をさせるものがあります。

規格にのっとって物体が圧壊されても問題ないかどうかを判断する試験として、圧壊試験というものもあるのでこれと併せて理解しておくといいです。

リン酸鉄(クイックバッテリーチャージャーACTIVE)_圧壊試験

一方で、破壊とは、あなたもご存知のよう、ものが何かしらの要因によって壊される現象のことを示しています。

そして、この破壊とは壊される際の「壊され方」は時に決まってないわけです。外部からの機械的な力、熱、電気、水、化学反応などなんでもいいのです。

つまり、上述の圧壊はこの破壊の一部であるといえるのがわかるでしょう。

以下のようなイメージです。

これらが圧壊と破壊の意味と違い・使い分けです。

圧壊と圧潰の違いと使い分け【意味】

なお、圧壊と似た言葉として圧潰(読み方はこちらも「あっかい」)というものがあります。

実はこの圧潰とは圧壊の代替の漢字ともいえ、基本的には同じ意味です。

ただ、使用されるニュアンスとしては若干の違いがあり、圧潰は、外部から力を加え対象物がつぶれるレベルまでほぼ完全に壊すというイメージが強いです。

より壊す度合いが高いのがこちらの圧潰なわけです。圧壊ではもちろん圧潰と同様完全に破壊するケースも多いですが、外部から機械的な圧力を加えて少し変形させることも圧壊とよぶこともあります。

このように、圧潰と圧壊には違いがあると理解しておくといいです。

まとめ 圧壊と破壊と圧潰とは?違いや使い分けは?【意味】

ここでは、圧壊と破壊と圧潰の意味や違い、使い分けは?【意味】

・圧壊:外部から機械的な圧力を加えて対象物を変形・破損させること

・破壊:変形、破損させる手段は問わずして、物体を変形、破損させること

・圧潰:基本的には圧壊と同じ(代替後)ですが、圧潰の方がより変形量が多いイメージ

と理解しておくといいです。

圧壊と破壊と圧潰の違いと使い分けなどのさまざまな用語を理解して、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました