拡大や縮小したものを元に戻す計算方法【〜倍を元に戻す】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日常生活においてコピーなどで拡大、縮小機能を使うことがありますよね。

このような場面で〜倍と拡大や縮小をした後、再度元の状態に戻す必要が出てくることも多いです。

それでは、拡大や縮小をしたものに対して元のパーセント、倍率に戻すにはどう対処すればいいのか理解していますか。

ここでは、拡大や縮小したものを元に戻す方法について確認していきます。

スポンサーリンク

〜倍を元に戻す方法【拡大、縮小した、倍率を戻す】

例えば、コピーなどで100%を80パーセントや、100%を140%といった方に倍率を変えることがありますよね。

ただ、一度変えたものの再度元のサイズに変更したい場面があるわけです。

ここで、変更後のパーセントをa、元に戻したいパーセントをbとすると、元に戻すための倍率=b/a × 100といった具合に求めるのとができるのです。

これは拡大した場合でも、縮小したケースでも同じといえます。

なお、パーセントではなく、比率表記(50パーセント=0.5)であっても同様に計算できることを併せて覚えておくといいです。

拡大、縮小したのを元に戻す計算問題を解いてみよう

それでは、〜倍にした後の数値を元に戻す処理に慣れるためにも、計算問題をといてみましょう。

100%を80%に戻す【倍率変更】

上の〜倍を元に戻す方法について確認していきます。

80/100=0.8倍=80パーセントにするといいことがわかります。

逆に、80パーセントから100パーセントに戻したいのであれば、100/80=1.25=125パーセントが換算倍率と計算できるわけです。

100パーセントを140パーセントに戻す計算方法

こちらも単純に、拡大、縮小したものを元の値に変更する手順を踏んでいくだけでいいです。

よって、140/100=1.4倍=140パーセントと求めることができるのです。

逆に140から100パーセントにするためには、100/140=0.714=71.4%と計算できました。

まとめ

ここでは、拡大や縮小した用紙等のサイズを元に戻す方法について解説しました。

倍率を元に戻すには、元に戻した後の倍率を基準となる倍率で割ることで求めることが可能です。

このとき、パーセント表記したいのであれば、×100をすればいいです。

上手に〜倍を元に戻すことによって、日々の生活を快適に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました