スポンサーリンク

10C3や10C2の答えは?10C4や10C1や10C0の計算方法・答え・読み方・意味も解説!【確率・場合の数・組み合わせ】

科学

確率・場合の数の計算を行う際に、C(組み合わせの数の計算)などの記載を見かけることがあるでしょう。

この記号Cを含む計算方法は意外と難しいと感じる人が多いですが、あなたは理解できていますか。

ここでは、このCを含んだ組み合わせの順列の計算方法として10C1・10C2・10C3・10C4・10C0の計算方法・答え・読み方・意味について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

10C3の計算方法・答え・読み方・意味は?【組み合わせ】

まずは記号のCを含んだ組み合わせの計算方法として、10C3の計算方法・答え・読み方・意味などの各種情報について確認していきます。

10C3とは10×9×8/ (3×2×1) と

・分子に10を始めとして8,7,6と1ずつ減らしたもの「3つ」を掛け算する計算

・分母に3を始めとした階乗の計算(1になるまで1ずつ減らしつ掛け算)

・分子/分母

を行った値であり、その答えは120です。

10C3の読み方はそのまま「じゅっしーさん」と表現すればいいです。

計算間違いに注意しましょう。

 

10C4の計算方法・答え・読み方・意味は?【組み合わせ】

続いて、今度はCを含んだ順組み合わせの計算方法として、10C4の計算方法・答え・読み方・意味などの各種情報について確認していきます。

結論からいいますと、10C4の計算方法は10C3などと同じであり10×9×8×7/ (4×3×2×1) と答えは210になります。

10C4の読み方はそのまま「じゅっしーよん」と表現すればいいです。

 

10C2の計算方法・答え・読み方・意味は?【組み合わせ】

続いて、10C2の計算方法・答え・読み方・意味などの各種情報について確認していきます。

10C2の計算方法も10C4などと同じであり10×9/ (2×1) と答えは45になります。

10C2の読み方はそのまま「じゅっしーに」と表現すればいいです。

 

10C1の計算方法・答え・読み方・意味は?【組み合わせ】

続いて、今度はCを含んだ組み合わせの計算方法として、10C1の計算方法・答え・読み方・意味などの各種情報について確認していきます。

結論からいいますと10C1は10となります。

これはある10種類のカードa,b,c,d,e,f,g,h,i,jがあり、この中から1つのカードを選ぶ組み合わせと同義であり、答えが10通りなことからもわかるでしょう。

10C1の読み方はそのまま「じゅっしーいち」と表現すればいいです。

なお10C1だけでなく、nC1における答えはnとなりますね。

 

10C0の計算方法・答え・読み方・意味は?【組み合わせ】

続いて、今度はCを含んだ組み合わせの計算方法として、10C0の計算方法・答え・読み方・意味などの各種情報について確認していきます。

結論からいいますと10C0は1となります。

これはある10種類のカードa,b,c,d,e,f,g,h,i,jがあった際に、0枚のカードを選ぶ組み合わせ、つまり「何も選ばない組み合わせ」という1通りのみを意味しているため答えは1なのです。

10C0の読み方はそのまま「はちしーぜろ」「はちしーれい」と表現すればいいです。

なお10C0だけでなく、nC0における答えは1となりますね。

 

まとめ 10C4や10C2や10C1や10C0の計算方法・答え・読み方も解説!【確率・場合の数・組み合わせ】

ここでは、10C0、10C1、10C2・10C3・10C4の計算方法・答え・読み方について解説しました。

どれも良く出てくる計算のため、この機会に理解しておくといいです。

組み合わせを始めとしたさまざまな計算方法になれ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました