爆発と破裂の違いと意味は?使い分けは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学的な文章を記載していく際に、言葉の選び方に迷うときがよくあります。

例えば、容器などが勢いよく破壊される現象として「爆発」や「破裂」などの似たような用語を耳にしますが、これらの意味や違いについて理解していますか。

ここでは、これら科学関係の似たような用語である爆発と破裂の違いや使い分けについて解説していきます。

スポンサーリンク

爆発と破裂の意味や違いは?

まず、爆発とは化学反応により勢いよく体積膨張が起こる現象のことを指し、これ原因で容器や周囲環境が勢いよく破損・破壊されることがほとんどです。

たとえば、ある容器内にて大量の水素に火を近づけると「ドカン!」とけたようなケースがイメージしやすいですが、これは水素と酸素が水と熱に変換される際の化学反応式が元になっているわけです。

これは、水素だけに当てはまることではなく、上述のよう化学反応がベースになっていれば「爆発」と表現するのが一般的なのです。

爆発と似た用語の「破裂」というものもありますが、破裂とは何も化学反応だけが原因ではなく、要因は何であるにしろ「対象物(容器など)が勢いよく破壊・破損される現象」のことを示しています。

例えば、

 

・風船に対して外部から針でつついて、勢いよく風船が壊されたとき

・上述のよう爆発が原因で容器が破損されたとき

・封がしてあるビニール袋を叩いてつぶしたとき

などが破裂に相当します。

つまり、現象としては破裂の中の一部に爆発があると考えるといいのです。

なお、抽象的なイメージとして一般的には、爆発の方が規模が大きいものを指すことが多いです。何かの爆発事故を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

一方で、現象としては破裂の一種に爆発が含まれると記載しましたが、規模的なイメージでは破裂の方が爆発よりも小さいといえます。

例えば、上述のようビニール袋に空気を入れ口を結び、叩いたときがわかりやすいでしょう。

これらが爆発と破裂の違いと意味です。

まとめ 爆発と破裂の違いと意味は?使い分けは?

ここでは、爆発と破裂の意味や違いについて確認しました。

・爆発:化学反応が原因で勢いよく体積が膨張する現象。容器や周囲環境を破損させることがほとんど。

・破裂:化学反応だけでなく、外部からの力などを含め、対象物が勢いよく破損する現象

という意味と違いがあります。

爆発と破裂の違いと使い分けなどのさまざまな用語を理解して、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました