缶コーヒーは毎日何本までなら飲んでいい?毎日1本や毎日2本や毎日3本は大丈夫?一気飲みもしていいのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よく缶コーヒーを飲む機会があります。

ただ、毎日缶コーヒーをのむまなる健康的に大丈夫なのかと心配になることがありますが、実際のところどうなのでしょうか

ここでは、缶コーヒーを毎日1本、毎日2本、毎日3本と飲んだり、一気飲みしたりすることが大丈夫なのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

缶コーヒーは1日何本までなら飲んでいいのかか【毎日1本、毎日2本、毎日3本】

結論からいいますと、微糖もしくはブラックの缶コーヒーであれば、毎日1本、毎日2本程度まででしたら、カフェイン摂取量、糖質摂取量的にあまり問題ないです。

なお、甘い缶コーヒーであれば毎日2本以上飲むのは糖質過剰摂取のリスクの観点からおすすめできません。

具体的に缶コーヒー一本あたりのカフェインの量は約120-150mg程度です(製品にもよります)。

一方で、1日あたりのカフェイン摂取目安量は体重あたり5.7mg/kg程度であり、体重60kgの方であれば1日にカフェイン342mg程度と計算できます。

つまり、この量は缶コーヒー2本半程度に相当するために、1日に2本程度であれば毎日摂取していても問題ないことがほとんどです。

なお、糖質の観点からは微糖の缶コーヒーであれば一本あたりの糖質は約6g程度であるため2本飲んでも12g程度とそれほど多くないです(1日の糖質目安量の?%)

ただ、普通に甘い缶コーヒーでは一本あたり約12g程度であるため、1日1本くらいの方がいいのです。

1日3本を毎日飲むとなるとどのようなコーヒーであっても、カフェインの取りすぎとなるので注意した方がいいのです。

これらの理由から、ブラックもしくは微糖であれば毎日2本以下、普通に甘いコーヒーであれば毎日1本以下にすると健康的です。

缶コーヒーを一気飲みしてもいいのか?

なお一気飲みの観点では、缶コーヒーのカフェイン量のみを考慮するといいです。

具体的には、一度に一気にとっていいカフェインの量は決まっており体重1kgあたり3mgが目安です。つまり、体重60kg程度の方であれば、約180mg程度までは一気に摂取していいのです。

よって、缶コーヒーであれば1本を一気飲みしても約150mg程度のカフェインの量となるわけです。

そのため、缶コーヒー1本程度であれば、一気飲みをしても問題ないです。

一気に2、3本となると急激なカフェイン摂取により動機や自律神経の強い乱れなどの健康リスクが考えられるため十分に注意しましょう。

まとめ 缶コーヒーは毎日何本までなら飲んでいい?毎日1本や毎日2本や毎日3本は大丈夫?一気飲みもしていいのか?

ここでは、缶コーヒーは毎日何本まで飲んでもいいのか。一気飲みしてもいいのかについて確認しました。

缶コーヒーは通常の甘さのものであれば糖質の観点から毎日1本、微糖やブラックではカフェインの観点から毎日2本までにするといいです。

缶コーヒーへの理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました