缶コーヒーの1本は何ml?重さは?1ケースは何本?缶コーヒー1ケースのサイズは?【グラムとミリリットル】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、よくその内容量や重さについて知りたいときがあります。

例えば、身近な飲み物である缶コーヒーの内容量の記載としては190gや185gなどのさまざまなものがありますが、これらの中身のグラムやミリリットル、1ケース(ダンボール)の重さやサイズはいくらなのか知っていますか。

ここでは、缶コーヒー1本は何mlなのか(グラム(重さ)とミリリットルの換算方法)、缶コーヒーのケースは何本入っていて、サイズはどれくらいなのか?について解説していきます。

スポンサーリンク

缶コーヒーは何ml?何g?【グラム(重さ)とミリリットルの換算方法(190gは190ml)】

結論からいいますと、内容量が190gの缶コーヒー(以下写真のようなもの)であればその内容量は約190ml弱となります。

これは、缶コーヒーだけでなくミリリットルとグラムを変換する際には密度g/mlが必要であり、コーヒーはおよそ1g/ml弱でるために、重さの数値とほぼ同じになるわけです。

例えば、缶コーヒーの重さが250gのロング缶であれは、同様に250ml程度となるのです。

なお、普通の小さめのサイズの缶コーヒーの缶自体の重さはスチール缶で約30g、アルミ缶で約10gであるため、190g=190mlの缶コーヒー一本の重さは、約200g~220gとなるのがわかります。

缶コーヒー1ケース(箱)のサイズや重量は?1ケースに何本入っている?

なお、缶コーヒーのケース売りとしてよく見かけるものは1箱30本のものが多いです。

以下のようなイメージです。

そして、これらを詰め込んだ缶コーヒー1ケース分であれば、およそいわゆるサイズ100のダンボールを使用しています。

なお、缶コーヒーを含んだ箱全体の重量としてはアルミ缶の缶コーヒー(重さ200g)であれば、200×30=6kg強となることがわかります。

ロング缶のものの一ケースでも、(250+10)×30 = 7.8kgとそれほど重くないサイズになるといえます。

まとめ 缶コーヒーの1本は何ml?重さは?1ケースは何本?缶コーヒー1ケースのサイズは?【グラムとミリリットル】

ここでは、「缶コーヒーの重さやグラムとミリリットルの換算方法」「缶コーヒーのケース(箱)は何本入っているかとサイズ」について解説しました。

缶コーヒーは普通のサイズで約190gのものが多く、これは約190ml弱に相当します。なお、缶自体の重さも加えますと、

なお、箱買いするとなると30本入っている場合が多く、約6kgの重量となり、サイズは約100サイズとなります。

缶コーヒーへの理解を深めて毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました