1千円はいくらなのか?10千円や140千円や300千円や1000千円や5000千円は何円?数え方は?なぜ使用されるのか?【単位の千円の読み方のコツは?】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまなお金の単位を使用することがあります。

例えば、~千円という単位を見かけることがありますが、これに関係する金額である1千年、10千円、100千円、1000千円はいくらなのか理解していますか。

ここでは「これらお金の単位である~千円はいくらか?なぜ使用されるのか?」「140千円や300千円や5000千円などでは何円なのか?」「数え方(読み方)のコツはあるのか?」について解説していきます。

スポンサーリンク

1千円はいくら?10千円や100千円や1000千円はいくら?

結論からいいますと、1千円=1000円です。そのままですね。

つまり、1千円を10倍した数値である10千円=10000円=1万円となるわけです。そのため、10千円の数え方は1万円とそのまま読めばいいです。

同様に、

・100千円=10万円

・1000千円=100万円

と単位換算できます。

単位の~千円の読み方(数え方)のコツは?【1千円、10千円、100千円、1000千円】

なお、これら~千円という単位ですが、見慣れていない方にとっては読み方やそれがいくらなのかをすぐに判断しにくいですよね。

実はこれら~千円という金額の単位の読み方・数え方にはコツがあり、~千円の前の数値の桁数を一桁減らした後に~万円とつければいいのです。

これは10千円=1万円であることを考慮すればわかりますよね。

同様に、100千円=10万円、1000千円=100万円と数えられるわけです。

140千円や300千円や5000千円や50000千円はいくらか?

同様に中途半端な数値である、140千円や300千円や5000千円や50000千円はいくらか?についても考えてみましょう。

140千円はいくら?何円?

140千円=140000円=14万円と換算できます。

 

300千円はいくら?

300千円=300000円=30万円と単位換算できます。

 

5000千円はいくら?

5000千円=5000000=500万円と換算できます。

 

50000千円はいくらか?

50000千円=50000000=5000万円と求められるのです。

 

10千円などの~千円という単位はなぜ使用されるのか?

それでは、~万円という金額の単位を使用すればいいはずなのに、なぜ10千円などの単位を活用するのでしょうか。

これはアメリカの表記である3ケタごとにカンマを入れる数え方と一致させるためです。つまり、日本円の~千円の単位とアメリカ式の桁数の数え方の3ケタごとの数え方がぴったりなために使っているんですね。

これが金額の単位に~千円を使う理由なのです。

まとめ 10千円や140千円や300千円や1000千円や5000千円は何円?数え方は?なぜ使用されるのか?【単位の千円の読み方のコツは?】

ここでは、お金の単位である~千円という意味やその読み方のコツについて解説しました。

・1千円=1000円
・10千円=1万円

と換算できることを理解しておくといいです。

各金額の単位の扱いに慣れ、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました