1ドルは何セント?1セントは何ドル?ドル($)とセント(¢)の換算(変換)方法や違いは?【計算問題付】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

海外旅行や株式投資などに興味がある方は外貨に関する情報が欲しい方が多いものです。

代表的な外貨としてドル($)やセント(¢)などが挙げられますが、これらは用途に応じて使い分ける必要があるために、各々変換できるようにしておくといいです。

ここでは、この「1ドルは何セントか?」「1セントは何ドルか?」というドルとセントの換算(変換)方法について解説していきます。

スポンサーリンク

【ドルとセントの違い】「1ドルは何セントか?」「1セントは何ドルか?」というドルとセントの換算(変換)方法

両方とも良く使用する単位である、ドルとセントですがどのように換算できるのか以下で確認していきましょう。

結論からいいますと、1ドル=100セントです。これは定義であるために、導出できるものではなく覚えるしかないです。

逆に、1セントは何ドルか?と聞かれれば、1セント=0.01ドルと単位変換できるのです。

なお、ドルとセントの違いとしては、日本円における100円玉と1円玉のように、そのコイン一つの値段自体が違うことをイメージするといいです。

ドルとセントの換算(変換)の計算問題を解いてみよう【1ドルは何セント?1セントは何ドル?】

それでは、ドルとセントの関係をより理解するためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題1

2ドルは何セントでしょうか。

・解答2

ドルとセントの換算式を元に計算していきます。

2×100=200セントと単位変換できました。

今度はセント(¢)からドル($)も換算してみましょう。

・例題2

50セントは何ドルに相当するでしょうか。

・解答2

こちらも上の計算式を元に求めていきます。

50÷100=0.5ドルと計算することができました。

どちらも海外好きな方であれば良く使用する硬貨の単位のため、きちんと理解しておきましょう。

まとめ ドルとセントの違いと換算(変換)方法

ここでは、1ドルは何セントか?1セントは何ドルか?というドルとセントの変換方法について解説しました。

・1ドル=100セント
・1セント=0.01ドル

です。

セントとドルを始めとしたお金の単位換算に慣れ、日々の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました