10パーセントオフの計算方法は?20パーセントオフの計算の方法は(出し方)?30パーセントオフの計算方法は?【10%オフや20%オフや30%オフ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、パーセント(百分率)に関係する計算が求められることがよくあります。

ただ、パーセントなどのに関する計算は普段から使い慣れていないと対処することがなかなか難しいです。そのため、%表記の須知の扱いに慣れておくことが大切であり、ここでは特に10%20%30%の計算方法に着目し練習問題を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

10パーセントオフの計算方法は?【10%offの計算式】

 それでは、10%offの出し方について確認していきます。

この~パーセントオフという考え方としては、A%を対象とすると、元の金額×(100-A)/100という計算式を元に求めることが可能です。

そのため、10パーセントオフであれば、元値×(100―10)/100=0.9×元値と計算することができるのです。

具体的な数値の計算としては

・100円の10パーセントオフ=100×0.9=90円

・200円の10パーセントオフ=200×0.9=180円

・300円の10パーセントオフ=300×0.9=270円

となります。

20パーセントオフの計算方法は?【20%offの計算式】

今度は20パーセントオフの式についても確認していきましょう。

上の計算方において、対象を20%とすればいいので、元値×(100―20)/100=0.8×元値が20%offの出し方となります。

具体的な金額を例にしてみると

・100円の20パーセントオフ=100×0.8=90円

・200円の20パーセントオフ=200×0.8=160円

・300円の20パーセントオフ=300×0.8=240円

と求めることができるのです。

30パーセントオフの計算方法は?【20%offの計算式】

際おtに30パーセントオフの式についても確認していきましょう。

上の計算方において、対象を30%とすればいいので、元値×(100―30)/100=0.7×元値が30%offの出し方となります。

具体的なお金の額では

・100円の30パーセントオフ=100×0.7=70円

・200円の30パーセントオフ=200×0.7=140円

・300円の30パーセントオフ=300×0.7=210円

と計算できました。

計算ミスには十分に気を付けていきましょう。 

 まとめ 10パーセントオフの計算方法は?20パーセントオフの計算の方法は(出し方)?30パーセントオフの計算方法は?【10%オフや20%オフや30%オフ】 

ここでは10パーセントオフの計算方法は?20パーセントオフの計算の方法は(出し方)?30パーセントオフの計算方法について確認しました。

・10%オフ:元値×0.9

・20%オフ:元値×0.8

・30%オフ:元値×0.7

と求められることを理解しておくといいです。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました