半年弱や半年強の意味は何分くらい?10年強や10年弱とはどのくらい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私達が生活している中でちょっとした疑問が出てくる場面がよくありますよね。

例えば、時間に関係する表現として、半年弱(半年間弱)や半年強(半年間強)などの~分強や~分弱といった表現をとることがありますが、これらの意味について正確に理解していますか。

ここでは、これら半年弱や半年強や10年弱や10年強などの時間~分弱や強という表現に関して解説していきます。

スポンサーリンク

半年弱や半年強とは何分(どのくらい)なのか?【半年弱や半年強の意味は?】

それでは、時間の表現である何年弱や何年強はなのかについて考えていきます。まず、~年弱の読み方は~ねんじゃくと呼びます。

そしてその対象が半年である場合においては、半年強は半年を少し超えた時間を指します。具体的には半年6か月よりも長く~6か月半あたり未満の時間を指すといえますが、正確に決まっているわけではありません。

なお半年今強や弱の場合は、そもそもがはんとしと呼ぶこともあり、はんとしきょうやはんとしじゃくと呼びます。

一方で「半年弱はどのくらいか」と聞かれれば、半年よりもちょっと少ない時間を指しているといえます。5か月20日~6か月未満付近がが妥当な範囲といえるでしょう。

この何分強や何分弱の考え方は、対象が半年間でなくてもどのようなものにも適用できます。

なお、

・半年弱のことを半年とちょっとと勘違いするケース
・半年強のことを半年をかなり超えた50分などと間違うケース

があるので、注意しておきましょう。

10年弱や10年強とは(何分)で読み方は?【時間の~分間強や~分間弱の意味は?】

今度は対象の数値を10年としてみましょう。

先にも述べた円弱と円強の定義から、10年強では10年間とちょっと、つまり10年より長く、10年数か月未満あたりの時間を指すといえます。

逆に10年弱であれば、10年にちょっと満たない時間となるため、9年10カ月あたり~10年に満たない程度を指すといえます。

上に記載の内容と同様に、

・10年弱は10年間とちょっとではないこと
・10年強は10年をかなり超えた20年に近い時間ではないこと

も理解しておくといいです。

まとめ 半年弱や半年の意味は何分くらい?10年強や10年弱とはどのくらい?

ここでは、半年弱や半年の意味は何分くらい?10年強や10年弱とはどのくらい?

について確認しました。

・~の分弱の意味は~分にちょっと満たない時間で、読み方は「~ねんじゃく」。半年の場合ははんそちじゃく。
・~分強の意味は~分をちょっと超えた時間で、読み方は「~ねんきょう」

半年の場合ははんとしきょう。

と覚えておくといいです。

時間を始めとしたさまざまな表現に慣れ、毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました