セロハンテープやガムテープやマスキングテープは電気を通す?通さない?【布テープと絶縁性】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

私たちが普通に生活している中にも、さまざまな面白い科学現象が潜んでいます。

例えば、セロハンテープや紙ガムテープや布テープやマスキングテープなどよく見かける物質が、電気を通すのか通さないのか理解していますか。

ここでは、これらセロハンテープや紙ガムテープや布テープやマスキングテープが電気を通すのか、通さないのか(絶縁性があるのか)について解説していきます。

スポンサーリンク

セロハンテープは電気を通す?通さない(絶縁できる)?【電気抵抗とセロテープ】

結論からいいますと、セロハンテープ(毛髪)は電気を通さない、絶縁性が高い材料といえます。言い換えると、電気抵抗が低いのです。

ご存知の通り以下のようなものがセロハンテープ(テープ)に当たります。

これはセロハンテープの材質は主にセルロースと接着剤であり、これらは内部にてイオンが伝わりにくい材質であるため(イオンが移動しにくい)に、電圧をかけても電流が流れにくい状態となっているのです。

紙ガムテープや布テープは電気を通す?電気を通さない(絶縁できる)?【電気抵抗は?】

なお、身近によく見かける材料としてセロハンテープだけではなくガムテープ(紙テープや布テープ)も挙げられます。もちろんこちらもご存知の通り、以下のようなものを指します。

そして、結論から言いますとガムテープも基本には電気を通さない絶縁性の材料です。言い換えると電気抵抗が高いと表現できます。これは上述のセロテープと同じように、紙ガムテープや布テープは電圧をかけても内部でイオンが伝導しないような材料(セルロースやPETなどの絶縁性の樹脂が主成分)で構成されているからです。

ただし、布テープなどが湿って水分を含んでいるような状態では、ある程度電気を通します。これは、水自体が通電性がある材料であるために、濡れているとガムテープも電気抵抗が下がり、通電性が増すわけです。

マスキングテープは電気を通す?電気を通さない(絶縁できる)?【電気抵抗は?】

なお、同様にマスキングテープもよく身近にみかける材料といえます。

そして、結論から言いますとこのマスキングテープも基本には電気を通さない絶縁性の物質です。言い換えると電気抵抗が高いと表現できます。これはマスキングテープもその材質がセルロース等の電圧をかけても内部でイオンが伝導しないような材料で出来ているためです。

なお、こちらのマスキングテープでも濡れれば、上述のような理由から電気を通さなくなることも理解しておきましょう。

まとめ セロハンテープやガムテープやマスキングテープで絶縁できる?電気を通す?

ここでは「セロハンテープやガムテープやマスキングテープや布テープがは電気を通すのか通さないのか(絶縁性があるのか)」について解説しました。

セロテープも紙ガムテープも布テープもマスキングテープも基本的には、イオン伝導性が低い材料で作られているために、電気を通さない、絶縁性の材料といえます。言い換えると、電気抵抗が高いとも表現します。

ただ、テープが水に濡れると電気抵抗が下がり、電気を比較的通すことも併せて理解しておくといいです。

身近な科学現象を理解して毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました