スポンサーリンク

しめじの漢字表記は占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占沼か?読み方や和名や由来・語源も解説!【ぶなしめじなどの漢字も!】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な海の生き物の一つである「しめじ」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このしめじに着目して「しめじの漢字表記は占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占沼か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)や英語表記は?」について解説していきます。

スポンサーリンク

しめじの漢字表記は占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占沼か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「しめじ」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、しめじの漢字表記は「占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占め沼」です。

なお、漢字では上のように記載するものの日常的には「しめじ」というひらがなか、「シメジ」というカタカナ表記が使われると覚えておきましょう。

上の漢字では、難しかったり、違和感を感じたりしますからね。

 

しめじが和名で占地や占地茸と名付けられた由来・語源も確認していきます。

結論からいいますと、占地や占地茸という漢字が当てられている理由としては、言葉の通りともいえ「多くの地面(面積)を占領するレベルでたくさん生える」ためにこのような名前となっているのです。

また「茸」という漢字はきのこ類全般に適用される言葉であることからも「占地茸」とも表現すると覚えておくといいです。

同時に響きとしても、占地にて「シメジ」と読めることからも、この漢字が採用されたといえるでしょう。

 

しめじは漢字で湿地や湿地茸とも書く。由来・語源は?

なお、しめじのことを湿地や湿地茸という漢字で表すこともあります。こちらの漢字が当てられている理由も漢字のままといえ「シメジは適度に湿った土地で育つキノコ(茸)」だからですね。

同時に響きとしても、上の占地と同様に湿地にて「シメジ」と読めるため、このような記載となっているのでしょう。

湿った地面を意味する湿地(しっち)と区別して覚えておくといいですね。

 

しめじは漢字で王茸とも書く。由来・語源は?

なお、しめじのことを王茸という漢字で表すこともあります。

こちらの漢字が当てられている理由も漢字のままと言え「シメジが王様のキノコであるため」ですね。

シメジは味が特にいいキノコとして有名であり、「最も味が良い≒王様」と表現し、王茸となったわけです。

 

なお、こちらも王茸という漢字では、しめじと思いつきにくいため、この機会に覚えておくといいです。

以下のシメジ料理はかなりおいしそうで、きのこのまさに王様と言える感じがします。

 

しめじは漢字で占沼とも書く。由来・語源は?

さらには、しめじを漢字で「占沼」と記載することもあります。

こちらも占地という漢字表記と同様で「沼のような場所を一面に占めて成長するため」このような表記になったといえるでしょう。

このように、しめじの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

なお、他のきのこ類の

きくらげの漢字についてはこちら
しいたけの漢字についてはこちら
・まいたけの漢字についてはこちら
えのきの漢字についてはこちら
えりんぎの漢字についてはこちら

で詳しく解説していますので、併せて確認してみてください。

 

しめじの英語表記は?

さらには、しめじの英語表記についても確認していきましょう。

しめじは英語でShimejiかShimeji mushroomとローマ字表記します。

これは「しめじ」が日本から海外に伝わっていった食品であるためにこのように記載しているのです。

寿司を「Sushi」とかく理由と同じですね。他にも、えのきも英語ではEnokiと書くのが一般的です。

 

まとめ 占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占沼の読み方や意味はしめじか?語源や英語での表記は?

ここでは、しめじの漢字表記は占地や占地茸や湿地や湿地茸や王茸や占沼か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

しめじを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました