レンゲ1杯の量は何グラムで何ccなのか? コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何ccなのか 盃1杯は何mlで何グラムなのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私達が生活している中でよく身近な製品の体積や重さが知りたいことがあるでしょう。

例えば、「レンゲ1杯の量は何グラムで何ccなのか?」「コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何ccなのか?」「盃1杯は何mlで何グラムなのか?」について知っていますか。

ここでは、これらの身近な製品の体積と重さについて解説していきます。

スポンサーリンク

レンゲ一杯の量は何グラムで大さじいくらで何ccなのか?

それではまずラーメンなどを食べる際に使用するレンゲ1杯の量(何ccで何グラムか)について解説していきます。

もちろんレンゲといっても製品によって異なり、おおまかに大きめのレンゲ(普通のお店で出るようなもの)であれば約30cc(30ml)ほどといえます。小さめのレンゲ(家で小分けにして食べるようなもの)であれば約15cc(15ml)ほどと考えていいです。

なお、上の大きめのレンゲであれば大さじ(=1杯15cc)に変換すると約2杯、小さめのレンゲであれば大さじ約1杯程度に相当します。

レンゲ1杯は何グラムかと聞かれた場合は入れる物質の密度によって変化し、水をベースとした汁物であれば密度約1g/ccであるため、大きいレンゲで30gほど、小さいレンゲで15gほどとなります。

コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何ccなのか?小さじとの関係は?

さらには、コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何cc(何ml)に相当するのかも確認していきます。

コンビニスプーン(透明なかなり小さいもの)の体積は約1.25cc(1.25ml)程度といえます。

なお小さじ1が5ccであるため、コンビニのデザートスプーン4杯は小さじ1に相当すると理解しておくといいでしょう。

デザートスプーンであっても体積(cc)は一定であるものの入れる物質によってグラムは変化しますが、水ものであれば1杯当たり約1.25g程度と理解しておくといいです。

盃1杯は何mlで何グラムなのか?【読み方はさかずき】

さらには、盃(読み方:さかずき)1杯は何mlで何グラムなのかについても確認していきます。

盃であってももちろん製品によってその体積は変化しますが、お皿のように深さがない杯では約30ml(30cc)ほど、普通のコップのような形状の盃であれば約45ml(45cc)程度といえます。

上述のようグラム数は入れるものによってさらに変化しますが、水分であれば基本的にmlの数値と同程度となり、上の前者であれば約30グラム、後者であれば約45グラム程度に換算できると考えていいです。

まとめ 盃1杯は何mlで何グラムなのか? レンゲ1杯の量は何グラムで何ccなのか? コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何ccなのか?

ここでは、レンゲ1杯の量は何グラムで何ccなのか? コンビニスプーン(デザートスプーン)は1杯何グラムで何ccなのか?盃1杯は何mlで何グラムなのか?について解説しました。

どれもよく使うものであるため、おおまかな体積と重さを把握しておくと何かと便利ですね。

各種グラム数等を理解し毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました