人月と人日と人時の変換(換算)方法【工数の意味と計算】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析をする際によく単位変換(換算)が必要となることがあります。

例えば、工数などの単位として人月~や人日~人日~などとよく使用することがありますが、これらの変換(換算)方法について理解していますか。

ここでは、これら人月と人日と人時の単位変換(換算)方法や違いについて確認していきます。

スポンサーリンク

人月と人日の換算(変換)方法は?

それでは、まず人月と人日の変換方法について考えていきましょう。

人月とは工数の一つの単位であり、ある人が1ヶ月にできる仕事の量を表すものです。

一方で人日とは、ある人が1日にできる仕事の量を示すといえます。

つまり、その人が1ヶ月間にA日働くとするのであれば、1人月=A人日と換算できるのです。

逆に、人日から人月に変換したいのであれな、1人日=1/A人月という単位換算式が成立するわけです。

人月と人日の換算(変換)の計算問題

それでは、人月と人日の変換(換算)方法に慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題1

ある1ヶ月に10日だけ働ける人がいる場合、この人の2人月は何人日と換算できるでしょうか。

・解答1

上の人月と人日の定義に従って計算していきます。

2 × 10 =20人日と変換できるのです。

逆に、人日から人月への単位変換も行ってみましょう。

・例題2

1ヶ月に18日働ける人における人の3人月は何人日と換算できるでしょうか。

・解答2

3 × 18 = 54日と求めることができました。

人月と人日の換算(変換)方法は?

それでは、まず人月と人日の変換方法について考えていきましょう。

人月とは工数の一つの単位であり、ある人が1ヶ月にできる仕事の量を表すものです。

一方で人日とは、ある人が1日にできる仕事の量を示すといえます。

つまり、その人が1ヶ月間にA日働くとするのであれば、1人月=A人日と換算できるのです。

逆に、人日から人月に変換したいのであれな、1人日=1/A人月という単位換算式が成立するわけです。

人月と人日の換算(変換)の計算問題

それでは、人月と人日の変換(換算)方法に慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題1

ある1ヶ月に10日だけ働ける人がいる場合、この人の2人月は何人日と換算できるでしょうか。

・解答1

上の人月と人日の定義に従って計算していきます。

2 × 10 =20人日と変換できるのです。

逆に、人日から人月への単位変換も行ってみましょう。

・例題2

1ヶ月に18日働ける人における人の3人月は何人日と換算できるでしょうか。

・解答2

3 × 18 = 54日と求めることができました。

人日と人時の換算(変換)方法は?意味は?

続いて、人日と人時の意味と単位変換方法についても考えていきましょう。

人日は先にも述べた通りといえますが、人時とはある人は1時間あたりできる仕事の量と言うことができます。

よって、1日にB時間働ける人であれば、1人日=B人時と計算できるわけです。逆に、人時から人日と単位変換したいケースでは、1人時=1/B人日と求められます。

 

人時と人日の換算(変換)の計算問題

それでは、人時と人日の変換(換算)方法に慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題3

ある人は1日に6時間働くのが普通です。この方の7人日は何人時に相当するのでしょうか。

・解答3

上の人時と人日の定義に従って計算していきます。

6 × 7 =42人時と換算できました。

逆に、人時から人日への単位変換も行ってみましょう。

・例題4

ある人は1日に10時間働ける人です。この人の50人時は何人日と単位換算できるでしょうか。

・解答4

50 ÷ 10=5人日と求められました。

まとめ 人月と人日と人時の変換(換算)方法

ここでは、人月と人日と人時の変換(換算)方法について確認しました。

各々の工数の単位の意味は1ヶ月あたり、1日あたり、1時間あたりの仕事の量のことを指しているため、それに対応するような換算式を立てていけばいいのです。

単位換算に慣れ、業務の効率化を図っていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました