スポンサーリンク

なすの漢字表記は茄子や茄か?和名・読み方や由来・語源を解説!英語では?【難読漢字】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な野菜の一つである「なす」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここではこのなすに着目して「なすの漢字表記は茄子や茄か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?なすの英語での表記は?」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

なすの漢字表記は茄子や茄か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜のナスの漢字について確認していきます。

結論からいいますと、ナスの漢字表記は茄子や茄です。

このナスの漢字表記の茄子や茄の語源や由来・読み方について深堀していきましょう。

 

まず、この茄子の漢字表記は中国語の表記が元となっており、日本でもそのままの漢字表記として「ナス」の漢字がこれに充てられているのです。これを略した漢字の茄も同様に、ナスに該当します。

この時、中国では基本的に茄子と記載した場合では、ナスの果実(食べる部分)を指し、茄と「子が付かない方の漢字」では植物学的なナスを意味する場合が多いです。

そしてこの茄子という漢字をナスと呼ぶようになった由来・語源としてはさまざまな説があります。

有力な内容として、夏に取れる実の代表がこの茄子であったことから、夏の実(ナツノミ)と呼ばれ、それが転じて「なすび」とまずなった説があります。

さらに言いやすい呼び方の「おなす」→「なす」と定着していき、漢字と合わさって茄子=ナスと呼ばれているになったわけです。

他にも、中に酸がある実としてこの茄子があり、この中酸実(なかすみ)が転じてなすびとなってという説もありますね。こちらもなすび→おなす→なす(茄子)と変化していった流れは同様です。

 

いずれにしても現在では、ナスの漢字表記はは茄子や茄と覚えておきましょう。

このように茄子の漢字・和名表記をはじめとして、その命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

なお、ナスに似た野菜のパプリカの漢字・英語表記は以下で詳しく解説していますので、併せて確認してみてくださいね。

 

 

茄子(ナス)の英語表記は?語源・由来は英語って本当?

続いて、ナスの英語表記についても確認していきましょう。

ナスの英語表記はアメリカ英語ではeggplant(カタカナではエッグプラント)、イギリス英語ではaubergine(カタカナではオーバジーン)です。

特にアメリカ英語におけるeggplantは直訳すると、卵の植物となります。確かに茄子の形状をイメージすると、卵っぽいので何となくわかりますね。

一方でイギリス英語でのナスは覚えておかないとなかなか出てこない表現のため、この機会に覚えておきましょう。

 

まとめ 茄子の読み方や意味はナス?語源や英語での表記は?

ここでは、ナスの漢字表記は茄子・茄か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

ナスを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活をより楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました