クエン酸10gは大さじ何杯か?クエン酸20gは大さじ何杯か?クエン酸30gは大さじ何杯か?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中でよく体積や重さに関する計算が必要となることがあります。

例えば、クエン酸10gや20gや30gなどの表記をみかけることがありますが、これらの体積を大さじで表すと何倍分に相当するのか理解していますか。

ここでは「クエン酸10gは大さじ何杯か?」「クエン酸20gは大さじ何杯か?」「クエン酸30gは大さじ何杯なのか?」についてクエン酸の比重・密度から計算する方法について解説していきます。

スポンサーリンク

クエン酸10gは大さじ何杯か【大さじ】

結論からいいますと、クエン酸10gは大さじ1杯強に相当します。

この詳細について以下で解説していきます。

基本的にクエン酸の比重は0.6(つまり密度は約0.6g/cc(=0.6g/ml))であるために、グラム数を0.6で割ることによってまずccに変換することができます。

具体的には10 ÷ 0.6= 約16.7ccとなるのです。なお大さじ1=15ccであることも活用しますと、16.7 ÷ 15 = 約1.1となることから大さじ約1杯強がクエン酸10gとわかりました。

もちろんクエン酸の種類によっても若干の密度は変化しますが、おおよそこの数値となると理解しておくといいです。

クエン酸20gは大さじ何杯か?【クエン酸の大さじや比重・密度】

さらには、クエン酸20gが大さじ何杯なのかについても確認していきます。

こちらも上と同じように計算していけばよく、クエン酸20gは大さじ約3.3杯ほどと変換できます。

具体的な計算方法としては上述のように0.6と15で割るとよく、20 ÷ 0.6 ÷ 15=約2.2(大さじ2杯強)となります

計算ミスには注意しましょう。

クエン酸30gは大さじ何杯なのか【クエン酸の比重(密度)】

さらには、クエン酸30gが大さじ何杯に相当するのかについても確認していきます。

クエン酸の重さが30gとなっても同じように計算すればいです。

30 ÷ 0.6 ÷15= 3.3より大さじ3杯強程度がクエン酸30グラムと求めることができました。

まとめ クエン酸20gは大さじ何杯か?クエン酸30gは大さじ何杯か?クエン酸10gは大さじ何杯か?

ここでは、クエン酸10gは大さじ何杯か?クエン酸20gは大さじ何杯か?クエン酸30gは大さじ何杯か?について確認しました。

クエン酸の密度が0.6g/ccと大さじ1=15ccであることを活用して

・クエン酸10g=大さじ1杯強

・クエン酸20g=大さじ約2杯強

・クエン酸30g=大さじ約3杯強

と理解しておくといいです。

各種クエン酸の重さと体積の関係を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました