乾燥ひじき10gを戻すと何グラムか?乾燥ひじき20gを戻すと何グラムか?乾燥ひじき30gを戻すと何グラムか?

暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中よく体積や重さに関する計算が必要となることがあります。

例えば、乾燥ひじきは基本的に水で戻して使用することが普通ですが、ある重さの乾燥ひじきを戻したらその重量が何グラムになるのか理解していますか。

ここでは、乾燥ひじき(ひじき)10グラム、15グラム、20グラム、30グラムを水で戻した場合に何グラムになるのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

乾燥ひじき10グラムを戻すと何グラムになるのか?【乾燥ひじき10g】

結論からいいますと、乾燥ひじき10gを水等で戻した場合には、およそ80gほどのひじきとなります。

この詳細について以下で解説していきます。

乾燥ひじきを戻したら何倍になるのかの詳細についてはこちらで記載していますが、元の重さの約8倍ほどに膨張します。

つまり、10×8 =80 より約80gが戻した場合のグラム数となるのです。

乾燥ひじきの種類によっても若干の戻し率が変化しますが、おおよそ戻り率8倍をかけて計算するといいです。

乾燥ひじき15gを戻すと何gとなるのか

さらには、乾燥ひじき15gを戻すと何グラムになるかについても考えてみましょう。

先にも述べたように乾燥ひじきからひじきへの戻し率は約8倍です。

そのため、元の乾燥ひじきの重量が15gであれば、戻した後の重さはその8倍の約120g相当といえるわけです。

乾燥ひじき20gを戻すと何グラムになるのか?

上述の通り、乾燥ひじきを水等で戻すとおおよそ8倍の重量となります。

そのため、乾燥ひじき20グラムを戻したら

・20×8 = 160

より約160グラムのひじきとなるわけです。

料理する際にこの変換は使うことが多いため、乾燥ひじきの戻し率を覚えておくと何かと便利ですね。

乾燥ひじき25gを戻すと何グラムになるか

今度は乾燥ひじき25gを水等で戻し、ひじきになった場合のグラム数について考えていきましょう。

元の乾燥ひじきの重さが25gのケースでも同じように計算するとよく、25 × 8 =200gのひじきとなるといえます。

乾燥ひじき30gを戻すと何グラムになるのか【ひじき】

さらには、乾燥ひじき30グラムを水等で戻したケースについても考えてみましょう。

乾燥ひじき30gであっても戻り率8倍でおおよそ同じです。そのため、30 × 8= 240 が戻した後のひじきの重量となるわけです。

かなり膨れますので、元の量を間違えないようにしましょう。

まとめ 乾燥ひじき30gを戻すと何グラムか?乾燥ひじき10gを戻すと何グラムか?乾燥ひじき20gを戻すと何グラムか?

ここでは乾燥ひじき30gを戻すと何グラムか? について確認しました。

・乾燥ひじき10グラムを戻すと約80gのひじきとなる

・乾燥ひじき15グラムを戻すと約120gのひじきとなる

・乾燥ひじき20グラムを戻すと約160gのひじきとなる

・乾燥ひじき25グラムを戻すと約200gのひじきとなる

・乾燥ひじき30グラムを戻すと約240gのひじきとなる

と理解しておくといいです。

各種ひじきの重さと体積の関係を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました