乾燥ひじきは戻すと何倍(何グラム)になる?ひじきの一人分はどの程度か?乾燥ひじき 5g は大さじ何杯か【乾燥ひじきの戻し率】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中よく体積や重さに関する計算が必要となることがあります。

例えば、乾燥ひじきは基本的に水で戻して使用することが普通ですが、その戻し率がどの程度になるのか理解していますか。

ここでは、乾燥ひじき(カットひじき)1人分の重さは何グラムなのか、水で戻したら何グラムになるのか、乾燥ひじき5gは大さじ何杯かについて解説していきます。

スポンサーリンク

ひじき(乾燥ひじき)は一人分は何グラムか?

結論からいいますと、煮物として食べる場合のひじき1人分の量としては5~10g程度が基本です。

もちろん人やその場面によって食べる量は変化するため、一概にはいえないですがおおよその目安値として理解しておくといいいですね。

そして乾燥ひじきの戻し率は約8倍となるため、一人分の元の乾燥ひじきの量としては、1g(小さじ1)程度と目標としましょう。

乾燥ひじきを戻すと何杯(何グラム)になるか?【乾燥ひじきの戻し率は?】

なお、乾燥ひじきは水で戻すとおおよそ8倍に膨れます。

そのため元の乾燥ひじきが1グラムの場合、戻したら12グラムとなるわけです。同様に、元のカットひじき2グラムを水で戻すと、約24グラムほどに膨れます。

料理する際にこの変換は使うことが多いため、乾燥ひじきの戻し率を覚えておくと何かと便利ですね。

ひじき25gを戻すと何グラムになるのか

上のような乾燥ひじきの戻し率であるため、25gの乾燥ひじきを水で戻した場合では、約25× 8 = 200gのひじきとなると覚えておきましょう。

 

ひじき(乾燥ひじき)5gは大さじ何杯分か?

さらには、乾燥ひじき5gが大さじ何杯分なのかについても確認していきます。

乾燥ひじきは上述の通りおおよそ1gで小さじ1となります。小さじの3倍の体積が大さじに相当することから、その重量も約3倍の3gがカットひじき大さじ1になるといえます。

よって乾燥ひじき5g=大さじ約1.7杯程度といえます。

乾燥ひじきの計量にて小さじや大さじを使用することが多いので、この機会に覚えておきましょう。

まとめ 乾燥ひじき 5g は大さじ何杯か?乾燥ひじき(カットひじき)は水で戻したら何グラムになる?乾燥ひじきの一人分はどの程度か?

ここでは乾燥ひじき 5g は大さじ何杯か?乾燥ひじきは水で戻したら何グラムになる?乾燥ひじきの一人分はどの程度か?について確認しました。

・乾燥ひじき1人分=約1g(小さじ1程)

・乾燥ひじきを水で戻したら8倍になる(25gの乾燥ひじきを戻したら200g)

・乾燥ひじき5gは大さじ1.7杯ほど

と理解しておくといいです。

各種ひじきの重さと体積の関係を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました