油10gは大さじ何杯?油15グラムは大さじ何杯か?油100gは大さじ何杯か?【ごま油やサラダ油など】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、体積(容積)について考えるケースがよくあります。

例えば、料理などで油(ごま油など)などを使う際、その体積を図ることも多いですよね。

この体積を考える際に大さじ1などの表現を見かけることがありますが、この油におけるグラム数と大さじの関係はどのようになるのか理解していますか。

ここでは、油15g、油20g、油30gは大さじ何杯に相当するのかについて解説していきます。

スポンサーリンク

油10gは大さじ何杯分か【ごま油やサラダ油などの10グラム】

結論からいいますと、油10グラムは大さじ約0.74杯です。

油と一言でいっても、ごま油やサラダ油など種類がいくつかありその密度には若干の幅がありますが、目安として、約0.9g/ccと理解しておくといいです。

そのため油10グラムを体積に変えると、10 ÷ 0.9=11.11ccとなります。

なお、大さじ1杯は油などの種類が関係なしに15ccと定められているため、油10グラムを大さじ何杯か(何倍か)で表現すると、11.11÷15=大さじ約0.74杯と計算できるのです。

油20グラムは大さじ何杯分なのか?【油20gと大さじ何倍かの関係】

引き続き、油20gは大さじ何杯分なのかについても考えていきましょう。

上と同じように油の密度を0.9g/ccとして計算していくといいです。

具体的には、20gであれば20÷0.9 ÷15 =1.48杯と約大さじ1杯半程度と求めることができました。

なお、大さじ2分の1の量は、負荷さとしては半分ではなく3分の2程度まで入れる必要があることを理解しておくといいです(大さじの断面積が均一ではないため)。

 

油100グラムは大さじ何杯分なのか?【ごま油やサラダ油100gは大さじ何倍なのか】

続いて、20gよりも多い分量である油100gについても大さじ何杯分なのかについても考えていきましょう。

上と同様の計算式を活用するとよく、100 ÷ 0.9 ÷ 15 = 約7.4杯と求めることができます。

単純に上の油10グラムは大さじ何倍かの結果の10倍を取っても算出できます。

 

まとめ 油10gは大さじ何杯?油15グラムは大さじ何杯か?油100gは大さじ何杯か?【ごま油やサラダ油など】

ここでは、ごま油やサラダ油などの油10gは大さじ何杯?油15グラムは大さじ何杯か?油100gは大さじ何杯か?について解説しました。

油の種類によっても若干密度の変化はありますが、目安としては0.9g/ccを使用するとよく

・油10g=大さじ約0.74杯
・油20g=大さじ約1.5杯
・油100g=大さじ約7.4 杯

となります。

油などの調味料に関する大さじと重さの関係の理解を深め、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました