24の倍数や23の倍数は?求め方や個数について徹底解説!

スポンサーリンク

算数・数学において「倍数」の概念が苦手な人って意外にいますよね。

私自身も学生時代はそうでした。

このような背景もあり、特にこの記事では「数字の24と23」に着目して「24と23の倍数や求め方は?個数は?」について解説していきますので、ぜひご参考に!

スポンサーリンク

24の倍数は?求め方や個数も徹底解説

それでは24の倍数や求め方・個数について解説していきます。

まずは24の倍数の答えを記載していきますね。

24の倍数
24
48
72
96
120
144
168
192
216
240
264
288
312
336
360
384
408
432
456
480

です!図として24の倍数を使用したい方は、以下をご使用ください。

・・・となります。「100までの24の倍数」などと制限と付けない限りは、ずっと続いていきますね。

24の倍数計算としては、単純に「24」を基準としその数(24)を含めつつ、×2、×3、×4、×5、×6、×7・・と掛け算していくと求めることができます。

桁数が大きくなっていくため、計算ミスには注意しましょう。

 

23の倍数は?求め方や個数も徹底解説

続いて、23の倍数や求め方・個数について解説していきます。

上と同様に23の倍数の答えを記載していきますね。

23の倍数
23
46
69
92
115
138
161
184
207
230
253
276
299
322
345
368
391
414
437
460

23の倍数の図は以下の通り。

 

・・・となります。

23の倍数であっても、「100までの23の倍数」などと限度を設けないと継続しっぱなしになります。

23の倍数計算としては、単純に「23」を基準としその数(23)を含めつつ、×2、×3、×4、×5、×6、×7・・と掛け算していくと求めることができます。

桁数が大きくなっていくため、計算ミスには注意しましょう。

 

まとめ 23の倍数や24の倍数は?求め方や個数について徹底解説!

この記事では24の倍数や23の倍数は?求め方や個数について確認しました。

24の倍数や23の倍数は頻出でので、覚えておくように。

いろいろな計算に慣れ、もっと算数・数学を楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました