1分や1秒でのタイピングスピードの平均(基準)の文字数(何文字)どのくらいか?【1分間でのタイピング100文字、200文字、300文字など】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

 仕事や勉強など、日常生活でパソコンを使う機会は沢山あります。日頃パソコンを使っていると、気になってくるのがタイピングの速さです。これはタイピング速度によってこなせる仕事量も変わってきてしまうために重要なわけです。

ここではこのタイピング速度に関係する、タイピングスピードの平均はどれくらいなのか?また1分間でタイピング100文字を打つにはどれくらいの時間がかかるのか、200文字では?300文字では?についてここで解説していきます。

スポンサーリンク

1分や1秒でのタイピングスピードの平均(基準)はどのくらいか?【社会人の平均キータイピング数の目安は?】

それでは社会人の平均的なタイピングスピードはどれくらいかについて確認していきます。

一般的にタイピングの速さは、厳密な基準としてはWPM(word per minute)と呼ばれ、1分辺りの入力文字数(英数字キー)で測定されます。

ただ、細かく測定しなくてもおおよそのタイピングの平均スピードは測れ、おおよそ1分間では約40~80で平均60文字程度と理解しておくといいです。

よって1秒間におけるタイピングの平均速度としては、上述の1分間のタイピング速度を60で羅割ればいいため(1分=60秒より)、約1文字/秒が社会人のタイピングスピードと考えていいでしょう。

もちろん、人によって個人差があるため概算値として認識しておくといいです。

なお平均のタイピングの速度のことを平均キータイプ数などと呼ぶこともあるので、こちらの言い回しも覚えておきましょう。

1分間のタイピング数100文字はどのぐらいのレベル?【タイピング速度の基準(平均)との比較】

1分間60文字が社会人平均としましたが、1分間でのタイピング速度が100文字となるとどれくらいのレベルなのでしょうか?

書作成やデータ入力等の業務における平均タイプスピードが1分100文字程度とは、十分に速い・実用的なタイピングスピードといえます。

先にも述べたような平均タイピング速度1分60文字と比較しても平均キータイプ数が100文字/分と多いことから、なかなかパソコンに慣れている人でないと達しないレベルなのがわかります。

とはいえ、ある程度パソコンのタイピングに慣れた人であれば達成できる人も多く、練習によってさらにタイピング速度を上げることも可能な数値が「1分間に100文字のタイピング速度」と考えるといいです。

1分間のタイピング数200文字はどのぐらいのレベル?

タイピングスピードが1分で200文字程度になってくるとどうでしょうか。

このくらいのレベルになると「文字を入力するのがかなり早いレベル」といえるでしょう。

特に文字の丸写しであれば達成できる人はある程度いるかもしれないですが、変換やある程度の文章を書く内容まで考慮してこの1分で200字以上タイピングするのはほぼいないようなレベルですね。

1分間のタイピング数300文字はどのぐらいのレベル?

最後に1分300文字程度のタイピングスピードとはどの程度なのかについて確認していきます。

このレベルになると日常的にパソコンに触れている人でも難しいと感じるスピードです。私自身もパソコン操作に慣れている方と自負していますが、それでもこのタイピング速度を出すことは厳しいです。

1分300文字以上の文章を打つためにはブラインドタッチの習得が必須かつ、指を動かす速度等も最大限に高めないと絶対達成できない領域と覚えておきまましょう。

まとめ 1分間でのタイピング100文字、200文字、300文字はどのレベル?1分や1秒でのタイピングスピードの平均(基準)はどのくらいか?

ここでは、1分や1秒でのタイピングスピードの平均(基準)はどのくらいか?1分間でのタイピング100文字、200文字、300文字はどのレベル?かについて解説しました。

パソコン操作のニーズが求められている今では、タイピング速度も重要なスキルといえます。

そのためここでタイピング速度に関する知識を身に着け、あなたのタイピング技術向上のための目標設定などに用いていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました