1マイクロ秒は何秒?何ミリ秒?1秒や1ミリ秒は何マイクロ秒?【μsとmsとs】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的な解析を行う時などに、よく専門用語が出てくることがあります。

これらの用語を理解していないと各処理ができないことが多く、きちんと学んでおくことが大切です。

例えば、時間の単位としてμs(マイクロ秒)やms(ミリ秒)とs(秒)という使用することがありますが、これらの変換(換算)方法や意味について理解していますか。

ここでは、このμs(マイクロ秒)やms(ミリ秒)とs(秒)読み方(ミリ秒)と代表的な時間の単位である秒、分、時間との単位変換方法について解説していきます。

スポンサーリンク

1秒は何マイクロ秒?1マイクロ秒は何秒?【1μsは何s?1sは何μs?という換算(変換)方法】

まずは秒(s)とマイクロ秒(μs)の変換(換算)方法について確認していきます。

1μs(マイクロ秒)とは、s(秒)の頭に1000000分の1(10^6)を表すμ(マイクロ)がついたものがμsであるため、1s=1000000μsという換算式が成立するのです。

逆に、1マイクロ秒は何秒かと聞かれれば、1μs=0.000001sと変換できるともいえます。

なお、マイクロ秒(μ秒)のことはマイクロセック、マイクロセカンド、などと呼ぶことも覚えておくといいです。

μsとsの換算(変換)の計算問題【1秒は何マイクロ秒?1マイクロ秒は何秒?】

それでは、μ秒と秒の変換に慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題1

5sは何μsと変換できるでしょうか。

・解答1

上述の定義を元に考えていきます。

5×1000000=5000000μsと計算することができるのです。

逆にμsからsへの変換を行っていきましょう。

・例題2

7000000μsは何sと求められるでしょうか。

・解答2

7000000÷1000000=7sと換算できました。

 

1マイクロ秒は何ミリ秒?1ミリ秒は何マイクロ秒?【1μsは何ms?1msは何μs?という換算(変換)方法】

今度はミリ秒(s)とマイクロ秒(μs)の変換(換算)方法について確認していきます。

1ms(ミリ秒)とは、s(秒)の頭に1000分の1(10^3)を表すm(ミリ)がついたものがmsです。

そのため、上述のμsとsの関係と比較することによって、1s=1000msという換算式が成立するのです。

逆に、1マイクロ秒は何ミリ秒かと聞かれれば、1μs=0.001msと変換できるともいえます。

 

μsとmsの換算(変換)の計算問題【1ミリ秒は何マイクロ秒?1マイクロ秒は何ミリ秒?】

それでは、μ秒とm秒の変換に慣れるためにも計算問題を解いていきましょう。

・例題2

6msは何μsと変換できるでしょうか。

・解答2

上述の定義を元に考えていきます。

6×1000=6000μsと計算することができるのです。

逆にμsからmsへの変換を行っていきましょう。

・例題2

2000μsは何msと求められるでしょうか。

・解答2

2000÷1000=2msと換算できました。

まとめ 1μsは何ms?1msは何μs?などというμsとmsとsの変換(換算)方法

ここでは、μsとmsとsの換算方法について解説しました。

・1s=1000000μs
・1ms=1000μs
・1μs=0.000001s
・1μs=0.001ms

という換算式が成り立ちます。

各単位を理解して、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました