水100gは何cc(何ml)?水200グラムは何cc?水150グラムは何cc(何ml)?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、重さや体積について考えるケースがよくあります。

例えば、料理などの場面において水を使うために計量する際にグラム数(g)とccやmlの変換が必要となることがありますが、どう計算すればいいのか理解していますか。

ここでは水の比重約1.0を用いて「水100gは何cc(何ml)?水200グラムは何cc?水150グラムは何cc(何ml)なのか」について解説していきます。

スポンサーリンク

水100グラムは何cc(何ml)?【水100gは何cc?】

まず、水を始めとして重さ(グラム)から体積(ccやml)に変換するためには、密度で割っていきます。

水の場合は、常温付近では約1.0g/cc(g/ml)であるためこの数値を利用します。つまり水の場合では、常温付近ではccの数値とgの数値が一致することを理解しておくといいです。

よって水100グラムは何cc(何ml)かと聞かれれば、100÷1.0=100ccと計算できます。

なお1mlは体積の単位であり1cc=1mlであるため、水100グラムは何mlかと聞かれれば、同様に約100mlとなります。

水200グラムは何cc(何ml)?【水200gは何cc?】

続いて、少し増加した水の量である200gについても確認していきます。

何cc(何ml)かを計算するためには、200グラムであっても同じように密度1.0g/ccで割ればいいので、200÷1.0=約200ccと換算できます。

先にも述べたように水の種類で密度の幅がある程度変化しますので、気を付けるといいです。

ml表記にすれば、200cc=200mlとなります。

水150グラムは何cc(何ml)?【水150gは何cc?】

続いて、少し減った量である150gについても確認していきます。何cc(何ml)かを計算するためには150グラムであっても同じように密度1.0g/ccで割ればいいので、150÷1.0=約150ccと換算できます。

先にも述べたように水の種類で密度の幅がある程度変化しますので、気を付けるといいです。

まとめ 水100gは何cc(何ml)?水200グラムは何cc?水150グラムは何cc(何ml)?

ここでは、水100gは何cc(何ml)?水200グラムは何cc?水150グラムは何cc(何ml)なのか?について解説しました。

水1ccあたりのグラム数(重さ)の1.0g/ccを活用しますと、

・水100g=100cc=100ml
・水200g=200cc=200ml
・水50g=50cc=50ml

です。

水のcc当たりの重さを理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました