スポンサーリンク

らっきょうの漢字表記は辣韭や辣韮や薤か?読み方や和名や由来・語源も解説!【難読漢字】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で、よく聞く言葉だがその漢字表記がわからないものに遭遇することがあります。

例えば、代表的な野菜の一つである「らっきょう」の漢字表記やその漢字の由来・語源について理解していますか。

ここでは、このらっきょうに着目してらっきょうの漢字表記は辣韭や辣韮や薤や?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?について解説していきます。

スポンサーリンク

らっきょうの漢字表記は辣韮や辣韭や薤か?和名・由来・語源を解説!【難読漢字の読み方】

それでは以下で難読漢字といえる野菜の「らっきょう」の漢字について確認していきます。

結論からいいますと、らっきょうの漢字表記は「辣韭や辣韮や薤」です。

ただ、どちらも難しくなかなか読めない漢字のため一般的には漢字ではなく、ひらがなのまま「らっきょう」かカタカナの「ラッキョウ」と表記されるのが一般的です。

それではまず、らっきょうの漢字として「辣韮」が使用されている理由を確認していきます。

まずらっきょうは食べたことがある人ならわかりますが「ニラに酸っぱさ、刺激を与えたような味」をしていますよね。

また、らっきょうとニラは別々の植物ですが、植物学的な分類としてはユリ科として同じくくりになります。

つまり「辣:刺激がある味の、きつい味の、韮:にら」という漢字を組み合わせたものが、辣韮(らっきょう)の語源・由来となっているわけですね。

辣油(ラー油)、麻辣(マーラー)などの刺激が強い味に「辣」が使われていると覚えておきましょう。

 

らっきょうの漢字として辣韭や薤と書くこともある

続いて、らっきょうの漢字として「辣韭や薤」が使用されている理由について確認していきましょう。

実はこちらの辣韭や薤をらっきょうと読む理由も、上の「辣韮」と語源・由来は同じですね。

韮の旧字体が草冠を省略した「韭」という漢字になっているだけで、現在では「辣韮」と書く方が一般的ですね。

ちなみに、ラッキョウとパソコンにて入力・変換した際の表記としては、この辣韮がサジェストとして表示されます。

また、らっきょうは「辣薤」という漢字で書くこともあり、最初の1字が無くなり「薤」と表記してもらっきょうとして認識できることから、この漢字1文字でも表されるようになったといえるでしょう。

このように、らっきょうの漢字・和名表記をはじめとしてその命名の由来・語源を知っておく・想像すると面白いし、覚えやすいためおすすめです。

 

なお、以下のらっきょうをそのまま焼く料理はかなり美味しそうです(^^)/

 

らっきょうの英語表記は?

続いて、らっきょうの英語表記についても確認していきましょう。

らっきょうの英語表記は

・Rakkyo(読み方:らっきょう)というローマ字表記か

・Japanese shallot

です。

ローマ字表記となっているのは、日本のsushi(寿司)などと同様に、日本発祥の食べ物であるからといえますね。

 

まとめ 辣韮や薤や辣韭やの読み方や意味はらっきょう?語源や英語での表記は?

ここでは、らっきょうの漢字表記は辣韮や薤や辣韭か?この読み方や由来・語源は(難読漢字)?英語での表記は?について解説しました。

野菜の漢字や英語表記を語源・由来レベルから学んでいくと、より面白くなりますね。

らっきょうを始めとしたさまざまな漢字表記・意味などを理解し、日々の生活に役立てていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました