水菜1束(一把)や1袋は何グラムか?水菜1株の重さは何グラムか?水菜100gはどのくらい(何束)か?水菜150gはどのくらいか?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私達が生活している中、よく体積や重さに関する計算が必要となることがあります。

例えば、良く食べる野菜として水菜等が挙げられますがこれらの1束(一把)、1/2(半分)の重量がどれくらいか理解していますか。

ここでは水菜1束が何グラムなのか?水菜1束は何本で何人分なのか?水菜50gや100gはどれくらい(何束)かについて解説していきます。

スポンサーリンク

水菜1束、1袋は何グラムで何本なのか【1束(一把)の重さ】

結論から言いますと水菜1束は約150~250gほどと覚えておくといいです。

大きさにばらつきがあるため重さにも幅がありますが、「通常サイズの水菜1束」ではおおよそ200gほどと理解しておきましょう。

なお、水菜1束のことを1把(わ)と数える事もあり、かつ水菜1袋は基本的に1束の場合がほとんどと認識しておくといいです。

水菜は野菜の中では比較的軽い部類に入るため、いつでも購入しやすいのがいいことですね。

水菜1株の重さは何グラムか

なお、上のように1束単位で購入することが多いですが、いくつかの葉が一つの根本でつながった単位の「水菜1株」で考えることもあります。

1株とはいくつかの水菜の葉がついた単位の「1本」が根本でつながっているものを指します。

そして、この水菜1株の重さはおおよそ40~60gほどといえます。標準的な大きさの水菜であれば、約50g程度です。

そのため水菜1束(1袋)あたりの株数は約4株程度であることが多いです。

もちろんものによって水菜1束あたりの株数も、1株自体の重さも変化することを理解しておきましょう。

水菜100gはどれくらい(何束)か

さらには、水菜100グラムがどのくらい(何束分か)に相当するのかについても確認していきます。

先にも述べたように、水菜約1束が「水菜200g」程度です。そのため、水菜100gの分量としては、約1/2束(半分)といえます。

計算式としては、 100 ÷ 200 =1/2です。

水菜はサラダ、鍋等々使用場面が多いため、この際にその量のイメージについて理解しておくといいです。

水菜150gはどれくらい(何束)か

さらには、水菜150グラムがどの程度(何束分か)に相当するのかについても確認していきます。

上と同様に考えていきますと、水菜150gは約3/4束程度といえます。

計算式としては、 150 ÷ 200 =3/4です。

まとめ 水菜100gや150gはどれくらいか?水菜1束や1株の重さは何グラムか?

ここでは、水菜1束や1株の重さは何グラムか?水菜100gや210gはどれくらいか?について解説しました。

・水菜1束=約150~250g(標準的なサイズで200gほど)

・水菜1株=約40~60g(標準的なサイズで50gほど)

・水菜100g=約1/2束

・水菜150g=約3/4束

ほどといえます。

各種水菜の重量を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました