牡蠣が好きすぎる!牡蠣を美味しいと感じる理由と美味しくない(まずい)と感じる人への克服方法を解説!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまな好き嫌いがあることでしょう。

ただ、嫌いなことが少ない方がより快適に過ごせるようになるため、苦手は克服していった方がよく、できれば「好き」になれたらいいですよね。

中でも食品の「牡蠣」は「好きすぎる」と感じる人がいる一方で、逆に「美味しくない、まずい」と思う方もおり、2極化している食材といえます。

ここではこの牡蠣に注目し、牡蠣が好きすぎる人に「好きな理由」と「牡蠣を苦手な人が克服するためのアドバイス」をお伺いしてきましたので、以下で紹介していきます。

スポンサーリンク

牡蠣が好きな人から美味しくないと感じる人へのアドバイス【牡蠣が好きすぎる人とまずいと感じる人の違い】

それでは、以下で実際に牡蠣が好きすぎる人が好きな理由と、牡蠣をまずいと感じる人への食べ方のアドバイスを伺ってきましたので、参考にしてみてください。

◎牡蠣が好きな理由・好きなところ:

・理由は、生牡蠣ならプリプリとした食感、加熱するととろけるよう食感が最高です。
・磯の香りも良く、普段なかなか食べられないというレア感もあります。
・調理方法も、ボイル・フライ・グラタン・刺身・など幅広く、オイスターバーなどの専門店で色々な味わいを楽しむのがとても好きです。

◎牡蠣を美味しくないと感じる人に対するアドバイス:

牡蠣が苦手な方はおそらく磯の香りと食感が嫌いなのではないかと思います。

牡蠣フライであれば、サクサクの衣の食感が強くなり、レモンと塩をかけることで磯の香りもなくさっぱりと食べることができるので、苦手な方でも食べやすいかと思います。

(20代、女性)

 

 

確かに牡蠣をまずい・苦手と感じる原因の一つに、「食感」もあるかもしれませんね。

牡蠣フライにすることで、食感の改善だけでなく生臭さもぬけやすくなるので、私からもおすすめです。是非試してみてください!

 

牡蠣が美味しくないと感じる人へのアドバイス【牡蠣が好きすぎる人とまずいと感じる人の違い】

続いて、別の方にも牡蠣が好きすぎる人が好きな理由と、牡蠣を美味しくないと感じる人への食べ方のアドバイスを伺ってきましたので、参考にしてみてください。

 

・牡蠣が好きな理由と苦手の克服方法:

牡蠣は、潮の香、味わい、クリーミーなとろ~っとした、喉ごしが溜まりません。そのクリーミーな甘みも最高です。苦手な人は、多分、とろ~っとした触感と生臭さがダメだと思います。

牡蠣が苦手な人は、火を入れて、焼いたり、てんぷらにしたり、鍋物にしたりして食すれば食べれると思います。あと、重要なのは新鮮な美味しいものを食べることです。

意外と苦手な人は、新鮮でなく、生臭さがきつかったり、異常に大きなもののため、それらが更に悪い方向に強調されたため、嫌いになのだと思います。サイズの小さいものを選ぶのも良いと思います。

(60代、男性)

 

 

確かに牡蠣生臭さが苦手な人が多い印象を私もうけますね。

新鮮なもの、小さいものだとこの臭さが抜け、おいしさのみを感じやすくなるので、牡蠣をまずいと感じる人は一度かなり新鮮なものを食べてみてくださいね!

 

 

牡蠣がまずいと感じる人へのアドバイス【牡蠣が好きすぎる人と美味しくないと感じる人の違い】

さらにもう一人、別の方にも牡蠣が好きすぎる人が好きな理由と、牡蠣をまずいと感じる人への食べ方のアドバイスを伺ってきましたので、参考にしてみてください。

 

・牡蠣が好きな理由と苦手の克服方法:

牡蠣の磯の香りと歯応え、濃厚な味全てが好きです。塩レモンだけでなく、タバスコやワサビなどピリッと辛いものと合わせてもとても合うところも魅力です。

生の方が牡蠣の美味しさは引き立ちますが、苦手な方はまず加熱して食べることをおすすめします。炒めたり、牡蠣ご飯で中まで火を通すと牡蠣の香りがなくなり食べやすくなると思います。

それに慣れてきたら牡蠣フライにチャレンジしてみて下さい。牡蠣フライはレモンを絞って食べたら磯の香りが苦手な方でも香りが消えると思うので食べやすいです。そして生牡蠣に挑戦される時は小粒の牡蠣から食べると食べやすいと思います。

(30代、女性)

 

やはり牡蠣を焼いたり、揚げたりといった調理方法を工夫することで、牡蠣の生臭さが抜けやすくなりますね!

ここを意識して改善することで、牡蠣をまずいと思うか方もきっと苦手克服できると思いますので、チャレンジしてみてください(^_^)/

まとめ 牡蠣が嫌い(苦手)な方の克服方法

ここでは、牡蠣を美味しい!と感じる方に牡蠣が好きな理由と、牡蠣嫌いな方に美味しく食べていただく方法について解説しました。

人それぞれの意見はありますが、牡蠣のまろやかさや食感が好きな理由として多く、苦手の克服方法としては新鮮なものを食べる、料理方法で生臭さをとる、サイズの小さいものを食べるといったアドバイスの割合が高かったですね(^_^)/

もっと牡蠣を好きになり、毎日の生活をより楽しんでいきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました