カイロを暖かいまま捨てると発火の危険あり?使い捨てカイロの中身が出ただけでも危険なのか(破れた場合など)?【途中で捨てる】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

寒い時期になると必要不可欠である使い捨てカイロですが、熱を発する道具であるあるためその取扱いに不安になることがありますよね。

例えば、使い捨てカイロを開封し暖かいまま捨てたり、破れてカイロの中身が出たりすると、発火などの危険はないのかについて理解していますか。

ここでは、これらのカイロの使い方と危険性に関する内容について確認していきます。

スポンサーリンク

カイロが破れて中身が出たら危険?発火や火事はありえる?

結論からいいますと、使い捨てカイロが破れて中身が出たとしても、発火などの危険が生じることはまずないです。

もちろん、このカイロの中身に直接触れてしまったとても、火傷する、化学反応を起こし危険な状態になるなどの危険性もないです。

このことについて、使い捨てカイロの中身と照らし合わせて確認していきます。

まず、カイロの中身は基本的に

・こまかい鉄(鉄粉):反応物

・活性炭:高い比表面積を持つため反応物の酸素を吸着させ、より効率よく鉄と反応させる

・バーミキュライト:水を吸収される

・水:反応を行うためのイオンの通り道(電解質)

・反応を促進させる塩(塩化ナトリウムや塩化カリウム):反応促進剤(触媒)

・外装材:材料を入れる

から構成されています。(詳細なカイロの発熱の原理はこちらで記載しています)。

製品にもよりますが、以下のように表記されています。

簡単にいうと、カイロの緩やかに発熱する仕組みは、鉄粉が空気中の酸素と反応し酸化鉄となる際に出る熱を利用しています。そして、これらの中身が出ても触ったとしても、危険な状態になるものではないです(もちろん大量に食べることなどはやめましょう)

この反応を促進させつつ、過度の発熱が起こらないよう、かつカイロの中身が出ても危険な状態にならないように工夫されて、このカイロは製造されているのです。

これは、企業側としても、カイロの中身が破れて出た際に発火などの危険性があると、訴えられる等のリスクがあるために、そのような設計を取ることはまずないのです。

そのため、使い捨てカイロの中身が出ても危険ではないことを覚えておきましょう。

カイロを暖かいまま捨てると発火の危険がある?使い捨てカイロを途中で捨てても問題ない?

なお、カイロを暖かいまま捨てる、開封後に途中で捨てるなどをしても基本的に問題ないですね。

これは、使い捨てカイロの設計的にも日常的に起こるような(暖かいまま捨てるなど)ことは、予め想定して設計しているのが普通です。

上述のよう、カイロを途中で捨てるなどして発火したなどと訴えられたら、困るのはメーカー側ですからね。実際のところ、カイロの平均発熱温度は50度程度であり、最高温度としても60℃付近が普通です。

そのため、かなり断熱性の高い空間(ギュウギュウのゴミ箱にカイロを入れる)などをしても、紙などの発火温度(数百度)に達することはまれなわけです。

このような理由から、カイロをとと途中で捨てる、使い捨てカイロを暖かいまま捨てるなどをしても安全といえます。

ただ、心配性の方であれば、暖かい時には開放空間に置きっぱなしにしておき、冷めたころに捨てるのもいいでしょう。

まとめ カイロを途中で捨てると発火の危険あり?使い捨てカイロが破れて中身が出ると危険なのか】

ここでは、カイロを使ったまま捨てると発火の危険性があるのか?使いすてカイロが破れて中身が出ると危険なのか?について確認しました。

使い捨てカイロが破れて、中身が出たとしても発火などの危険な状態になりません。もちろん少し触ったとしても、きちんと洗えば問題ないです。

これは、カイロの中身として鉄・水・活性炭・バーミキュライトなどの安全なもので構成されているためです。

なお、カイロを暖かいまま途中で捨てても発火等の危険な状態になることはありません。日常的にカイロを途中で捨てるような場面はよくあり、これで発火するとなると、製造メーカーがその責任をとらないといけなくなるためです。よって、設計的に発火しないようになっているのです。

カイロに関する知識を身につけ、毎日の生活をより快適なものに変化させていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました