スポンサーリンク

「火へんに皇(煌)の読み方は?」「火へんに東(煉)の読み方や意味は?」「火へんに登る(燈)の読み方は?」「火へんに戸(炉)の読み方や意味は?」【漢字の音読み・訓読み】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で字はわかるけれども読めない漢字と遭遇することがあるでしょう。

ただ、この漢字が覚えていないと何かと生活で困ることもあるため、理解しておくといいです。

中でもここでは「火へんに皇(煌)の読み方は?」「火へんに東(煉)の読み方や意味は?」「火へんに登る(燈)の読み方は?」「火へんに戸(炉)の読み方や意味は?」について訓読みと音読み別に解説していきます。

スポンサーリンク

火へんに皇(煌)の読み方や意味は?【漢字の読み方】

 それではまず火へんに皇(煌)の読み方について確認していきます。

火へんに皇と記載する漢字の「煌」の読み方は

・音読み:こう・おう
・訓読み:かがや(く)・きら(めく)

と読みます。

煌には、光り輝くという意味を始め、豪華絢爛であるという意味が複数込められています元々漢字を構成する「皇」という字にそういった意味が込められており、それに火へんを付け加えてまばゆいほどの炎の光を表す煌という漢字が出来上がりました。

癒しを与えるゆらめく火というよりは、燃え盛る力強い炎の方がイメージに近いかもしれません。

日常ではあまり馴染みのない漢字ですが、最近では名前に使われているのを目にしますね。

火へんに東(煉)の読み方や意味は?

 続いて火へんに東(煉)の読み方や意味についても確認していきましょう。

火へんに東と記載する漢字の「煉」の読み方は

・音読み:れん
・訓読み:ね(る)

と読みます。

煉という字は、刀や道具を製造する際に金属を焼いて強くするところから「きたえる」という意味を持ちます。また土などをねって一つにまとめていくことも表します。粘土を焼いて固める煉瓦(れんが)や、粉である炭を筒状にまとめる煉炭(れんたん)が代表的ですね。

現在は煉という字が使われる単語に関して、同じ意味を持つ「練」という字に置き換えられている場合があります。

 

火へんに登るの読み方や意味は?

 さらには火へんに登る(燈)の読み方や意味についても確認していきましょう。

火へんに登ると記載する漢字の「燈」の読み方は

・音読み:とう、てい、ちょう
・訓読み:ひ

と読みます。

燈は「灯」という字の旧字体ですが、元々は別の漢字でもあったと言われています。燈はともされた火や暗闇を明るく照らしてくれるもの、という意味があります。蝋燭の火や松明(たいまつ)のような、自然に発生するものというよりは、人間が道具に火を付けて明るさを持続させるといったイメージです。

燈は仏教用語にも使われています。燈明(とうみょう)とは神様や仏様にお供えする火なのですが、闇を照らしわたしたちを導いてくれる大切な光としてお供えするのです。それだけ古くから、闇を照らす力や火というものがわたしたちにとって大切なエネルギーであるということがわかりますね。

 

火へんに戸(炉)の読み方や意味は?

 火へんに戸と記載する漢字の「炉」の読み方は

・音読み:ろ
・訓読み:いろり・ひばち

と読みます。

炉という漢字は旧字である「爐」という漢字の略字です。主に囲いのある火を入れておく場所や入れ物を指します。読み方にも含まれるいろりや火鉢(ひばち)、暖炉(だんろ)や香炉(こうろ)などが当てはまります。

また火を入れるというところから、反射炉や溶鉱炉といった金属を加熱する入れ物を表す際にも、この漢字が使われます。

 

まとめ 「火へんに登る(燈)の読み方は?」「火へんに戸(炉)の読み方や意味は?」

ここでは「火へんに皇(煌)の読み方は?」「火へんに東(煉)の読み方や意味は?」「火へんに登る(燈)の読み方は?」「火へんに戸(炉)の読み方や意味は?」について解説しました。

どれも似たような感じなので、その読み方や意味を混同しないようにするといいです。

さまざまな漢字の読み方や意味を理解し、日々の生活に役立てていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました