弾性限度と比例限度の違いは?弾性限度と比例限度の意味や読み方は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学的な解析を行う時などに、よく専門用語が出てくることがあります。

これらの用語を理解していないと各処理ができないことが多く、きちんと学んでおくことが大切です。

例えば、物理の力学の分野で「弾性限度や比例限度」などの言葉がでてきますが、これらの違いについて理解していますか。

ここでは、これらの弾性限度や比例限度の意味や読み方や違いについて解説していきます。

スポンサーリンク

弾性限度の意味や読み方は?

まず弾性限度とは、材料に対して各種力を加えていった際にその材料が弾性領域から塑性領域に変化する限界の力のことを指します。

以下のようなイメージです。

そして、この弾性限度の読み方は「だんせいげんど」となります。

材料が弾性を保てるの限界の数値であるために、弾性限度と読んでいるわけです。

比例限度の意味と読み方は?

なお、弾性限度と似た材料力学の用語として、比例限度と呼ばれるものもあります。

比例限度とは、言葉のとおり材料にかけた力と変形量が比例関係を保っている限界値を意味します。

以下のようなイメージです。

具体的には、材料に対してフックの法則が成り立っている領域ともいえます。

また、比例限度の読み方は「ひれいげんど」とよびます。

弾性限度と比例限度の違い

そして、この「比例限度と弾性限度は同じではないか」と思う方がいますが、厳密には異なります。

具体的には、まず応力とひずみの関係において力を上げていくと、まず比例限度が先にきます。

続いて比例関係ではないものの、弾性領域に入っている状態に変化するわけです。ただ、この領域は多くの材料で「ほとんど存在しない」ともいえます。

そして、この微小な区間を抜けると弾性限度に達して、塑性領域に入っていくいう流れになるのです。

これらが、弾性限度と比例限度の違いなのです。

まとめ 弾性限度と比例限度の意味や読み方や違い

ここでは、弾性限度と比例限度の意味や読み方や違いについて解説しました。

弾性限度とは、材料に力を加えた際に弾性領域から、塑性領域に変わる限界の点を指します。読み方は「だんせいげんど」となります。

一方で、比例限度とは材料に力をかけた際に、フックの法則が成り立つ(比例関係)限界の点を示しているわけです。読み方は「ひれいげんど」となるのです。

これらが弾性限度と比例限度の違いと使い分けです。

さまざまな科学用語を理解し、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました