スポンサーリンク

6cmはどれくらいか?身近な物、指などで解説

日々の暮らしの中で「6cm(6センチ)」がどのくらいか?知りたいことかあるでしょう。

そして手元に物差しやメジャーがない場合では、身近な物でこの「6cm」を測定したいもの。

そんな悩みに応えるべく、ここでは「6cmがどのくらいか」を、身近な物、指、写真などを交えて解説していきます。

 

スポンサーリンク

6cmはどれくらい?身近な物で解説!

それでは以下で6センチメートルがどのくらいか?身近な物を用いて説明します!

1円玉3枚で6cm

1円玉3枚を持っていることは多いでしょう。

実は

、1円玉の長さは2.0cm(20mm)

です。

そのため、1円3枚を真っ直ぐに並べると「6センチぴったり」となります。

曲がらないよう並べるのがポイント♪

10円玉2枚、500円玉2枚−1円玉2枚でも6cm

1円玉3枚はないものの、1円玉2枚、10円玉2枚、500円玉2枚は持っている場合もあるでしょう。

実は

、1円玉の長さは2.0cm(20mm)

、10円玉の長さは2.35cm(23.5mm)

、500円玉の長さは2.65cm(26.5mm)

です。

ここで、10円玉2枚と500円玉2枚を直線上に並べ、かつ別の位置に端を揃えた1円玉2枚を配置させましょう。

すると10−2×2=6センチとなるわけです。

ただこの方法では測りにくいため、1円玉が3枚あるのならばそちらで6センチを測るといいです。

 

一般的なトランプの短手方向も6センチ

トランプが手元にある場合も6センチを測れます。

具体的に、一般的なサイズのトランプの短辺部分は約6センチです。

 

少し小さめの成人男性の小指の長さも約6cm

個人差がかなりあるものの少し身長が低めの男性の小指の長さも約6センチです。

ただ、人による部分も大きいため、あくまで参考値としてご活用ください。

 

 

まとめ 6センチはどのくらい?身近な物で解説

ここでは、6cmがどれくらいか?について、身近なもの、指などを例に挙げて開設しました。

6センチを測りたいものの、物差し、メジャーが手元にないケースもよくあるため、上をご活用ください♪

さまざまな知識を身につけ、毎日をより快適に過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました