ガソリン1Lあたりの走行距離(リッター何キロ、燃費)の計算方法【車のガソリン代の求め方】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段何気なく生活している場面で、さまざまな計算が必要となるケースがあります。

例えば、自動車を運転している場面でよく、「リッター何キロ走るのか」という燃費を求める必要がでてくることがありますが、どのように計算すればいいのか理解していますか。

ここでは、ガソリン1リットルあたりの走行距離(燃費)の求め方やガソリン代の計算問題を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

リッター何キロの計算【1Lあたりの走行距離(燃費)の求め方】

まず、車においてガソリン1リットルあたりの走行距離を求めるためには、「使用したガソリンの量」と「実際の走行距離」がわかっている必要があります。

そして、リッター何キロの計算式は、走行距離÷実際使用したガソリンの量で求めることが可能です。

なお、この自動車における1リットルあたりの走行距離は別名、燃費とも呼びます。

燃費がいいほど、少しのガソリンでたくさんの距離を走れるために、性能のいい車と捉えることができるのです。

1リットルあたりの走行距離(リッター何km)の計算問題を解いてみよう

それでは、車におけるリッター何キロの求め方になれるためにも練習問題にチャレンジしていきましょう。

問題1

ある自動車は100キロ走った際に、消費したガソリンの量は4リットルでした。

この場合の1Lあたりの走行距離はいくらになるでしょうか。

解答1

上の車におけるリッター何キロの計算式に当てはめていきます。

すると 100/4 = 25km が1Lあたりの走行距離と求めることができました。

ガソリン代と1Lあたりの走行距離の換算(変換)方法【燃費】

続いて、リッター何キロからガソリン代を計算する方法について確認していきます。

これは、ある距離を車で移動する際のガソリン代を見積もる際に必要な考え方といえます。

具体的には、移動距離をakmとし、その車のおおよその1リットルあたりの走行距離がbkm/L とわかっているとします。

かつ、ガソリンの値段が1リットルあたりc円とすると、ガソリン代は以下の計算式で表すことができるわけです。

※ガソリン代= a/b × c

一つ一つ丁寧に考えいくといいです。

ガソリン代の計算問題

それでほ、リッター何キロからかかるガソリンの値段を計算する練習問題を解いてみましょう。

問題2

ある友人グループは旅行として車での移動を考えいます。移動距離を200kmとし、その車のおおよその1リットルあたりの走行距離が25km/L、ガソリンの価格がリッター80円の際、かかるガソリン代はいくらでしょうか。

解答2

上の1リットルあたりの走行距離とガソリン代の換算式を確認していきます。

200/25 × 80 = 640円と計算することができました。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました