1時間(60分)を1.25倍速や1.3倍速や1.5倍速でみると何時間かかるのか?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、時間に関係する計算が求められることがよくあります。

ただ、時間に関する計算は普段から使い慣れていないと対処することがなかなか難しいです。そのため、時間の扱いに慣れておくことが大切であり、ここでは時間に関する計算方法について計算問題を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

1時間(60分)を1.5倍速で見ると何時間、何分かかる?

それでは1時間という時間を1.5倍速度で見ると何時間、何分ほどかかるのかについても確認していきます。

1.5倍速で見るということは、視聴時間はその逆数をとった1.5分の1の時間と短くなることがわかるでしょう。

つまり1時間を1.5倍速で見た場合には、1時間=60分を1.5で割るとよく、60÷1.5=40分ほどで見終えることができるのです。

1時間(60分)を1.3倍速で見ると何時間、何分かかるのか?

なお1.5倍速では早すぎると感じる人にとっては、1.3倍速あたりで1時間の映画などを見ることもあるでしょう。

この1時間を1.3倍速で流すとどのくらいかかるのかについても考えていきましょう。

上述のように、1時間=60分であり、60÷1.3=46.15分ほどと求めることができるのです。

1時間(60分)を1.25倍速で見ると何時間、何分かかるのか?

さらには、1時間(60分)を1.25倍速で見た場合にかかる時間を確認していきます。

上と同様に計算すればいいので、1時間=60分を1.25で割るとよく60÷1.25=48分と求めることができるのです。

つまり何倍速かで見た場合の時間は、1倍速(そのまま)でかかる時間を~倍速の数値で割ることによって、計算できることを覚えておきましょう。

まとめ 1時間(60分)を1.25倍速や1.3倍速や1.5倍速でみると何時間かかるのか?

ここでは、1時間(60分)を1.25倍速や1.3倍速や1.5倍速でみると何時間かかるのか?について解説しました。

・1時間を1.5倍速で見ると40分ほどで見終える

・1時間を1.3倍速で見ると約46分ほどで見れる

・1時間を1.25倍速で見ると約48分ほどで見れる

といえます。

さまざまな時間に関する計算に慣れ、毎日の生活に役立てていきましょう。

 

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました