• 人気のイヤホン・ヘッドホン♪
  1. イヤホン
    発売日 : 2022年09月23日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥39,800
    新品最安値 :
    ¥39,800
  2. イヤホン
  3. イヤホン
  4. イヤホン
  5. イヤホン
  6. イヤホン
  7. イヤホン
    発売日 : 2021年10月19日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥31,475
    新品最安値 :
    ¥31,475
  8. イヤホン
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥2,265
    新品最安値 :
    ¥2,265
  9. イヤホン
  10. イヤホン
  11. イヤホン
    発売日 : 2021年10月26日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥26,677
    新品最安値 :
    ¥26,677
  12. イヤホン
  13. イヤホン
  14. ケーブル・アダプター
  15. イヤホン・ヘッドホンアダプター
  16. イヤホン・ヘッドホンアダプター
  17. イヤホン
  18. イヤホン
  19. イヤホン
    発売日 : 2019年03月27日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥19,000
    新品最安値 :
    ¥19,000
  20. ポータブルオーディオ

1フィートの長さは何センチ?1センチは何フィート?2フィートは何センチ?2センチは何フィート?【フィートとセンチの変換】

科学

科学的な解析をする際によく単位変換(換算)が必要となることがあります。

例えば、長さの単位としてフィートやセンチ(cm)を使用することがありますが、これらの変換(換算)方法について理解していますか。

ここでは、これらフィートとセンチメートルの換算方法として、1フィートの長さは何センチ?1センチは何フィート?2フィートは何センチ?2センチは何フィート?いう計算問題を交えて確認していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

1フィートは何センチメートルか【長さのフィートとセンチの変換方法】

それでは以下で1フィートは何センチ(センチメートル)かという変換方法について確認していきます。

フィートとはヤード・ポンド法による長さの単位です。

そして、よく使用するSI単位系の長さ(メートルなど)との変換式として1フィート=30.48cmと定義されています。

これは定義のため、覚えるしかないです。

 

なお、フィート(複数形がこのfeet)はフート(単数形がこのfoot)やフットと呼ぶこともあるのに注意しましょう。

 

1センチは何フィートか【1cmは何フィートか】

さらには、1センチが何フィートかについても確認していきましょう。

上にて1フィート=30.48cmという計算式を記載しましたが、この逆数を取ることで1センチが何フィートかを求めることができます。

具体的には、1センチ=約0.032808フィートと変換できます。

計算式は1/30.48=約0.032808となります。

基本的にセンチ(cm)の前につく数値の方が、フィートの前につく数値よりも大きいと覚えておくといいです。

 

2フィートは何センチメートルか【長さの2フィートは何cm】

続いて、長さの2フィートは何センチ(センチメートル)かという変換方法について確認していきます。

上の1フィート=30.48cmという換算式を用いますと、2フィート=60.96cmと求めることができるのです。

計算式は単純に2倍すればいいだけで、30.48× 2 = 60.96と計算できました。

計算ミスには十分に気を付けましょう。

 

2センチは何フィートか【2cmは何フィートか】

さらには、2センチが何フィートかについても確認していきましょう。

上にて、1センチ=約0.032808フィートと換算できることを記載しましたが、2cmではこの値の2倍にするといいです。

よって2センチ=約0.065617フィートと求めることができました。

計算式は約0.032808×2 =約0.065617となります。

上と同様に、基本的にセンチ(cm)の前につく数値の方が、フィートの前につく数値よりも大きいと覚えておくといいです。

 

まとめ 2フィートは何センチ?2センチは何フィート?【フィートとセンチの変換方法】

ここでは、1フィートは何センチ?1センチは何フィート?2フィートは何センチ?2センチは何フィート?という計算問題を通して、フィートとセンチの変換方法について解説しました。

フィートという単位はそれほど使用するものでないため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな計算を学び、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました