1500の英語や読み方(カタカナも)は?1500円や1500ドルは?

暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で数値を英語で表現したい時って出てきますよね。

ただ、数値が大きかったり、中途半端な数字の場合、意外と英語に変換しにくいもの。読み方もわからないケースもありますし。

このような背景もあり、ここでは数値の「1500」に着目して「1500の英語や読み方(カタカナも)が?1500円や1500ドルの英語表現は?」について解説していきますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1500の英語や読み方(カタカナも)?

それでは以下で数値の「1500」の英語のスペルやその発音(カタカナ表現も)についてチェックしていきます。

1500の英語は

・Fifteen hundred(日常ではこちらの方が使用される傾向。短く使いやすい)

・One thousand and Five hundred

と表現します。

英語のFifteen hundred は15 × 100 = 1500を意味しており、One thousand and Five hundredでは1000 + 5000 = 1500と表しているわけですね。

Fifteen hundred  の読み方はカタカナで「フィフティーン ハンドレッド」ですね。同様に、One thousand and Five hundred の場合の読み方はカタカナで「ワン サウザンド アンド ファイブ ハンドレッド」となります。

英語での数値の表し方は複数ある場合もあるため、注意しましょう。

 

1500円や1500ドルは?

支払いなどで1500円や1500ドルなどを英語で表したい時もありますよね。

この場合は上述の1500の英語表記をベースにして、語尾に「日本円の英語のYen(Yenのままで複数形も表す)」や「ドルの英語のDollars(ドルはsが付くものののみが複数形)」を付ければOKですね。

つまり1500円の英語としては、

・Fifteen hundred Yen(カタカナでの読み方はフィフティーン ハンドレッド イェン)

・One thousand and Five hundred Yen(ワン サウザンド アンド ファイブ ハンドレッド イェン)

でOKです。

同様に1500ドルの英語としては、

・Fifteen hundred Dollars(カタカナでの読み方はフィフティーン ハンドレッド ドラーズ)

・One thousand and Five hundred Dollars(ワン サウザンド アンド ファイブ ハンドレッド ドラーズ)

としましょう。

 

まとめ 1500の英語や読み方(カタカナも)は?1500円や1500ドルは?

ここでは、数値の1500の英語や読み方(カタカナも)は?1500円や1500ドルは?について解説しました。

英語の1500などは表現がややこしいため、この機会に覚えておくといいです。

さまざまな英語の読み方(カタカナも)を理解し、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました