スポンサーリンク

14cmはどれくらいか?身近な物、指などで解説

日々の暮らしの中で「14cm(14センチ)」がどのくらいか?知りたいことかあるでしょう。

そして手元に物差しやメジャーがない場合では、身近な物でこの「14cm」を測定したいもの。

そんな悩みに応えるべく、ここでは「14cmがどのくらいか」を、身近な物、指、写真などを交えて解説していきます。

 

スポンサーリンク

14cmはどれくらい?身近な物で解説!

それでは以下で14センチメートルがどのくらいか?身近な物を用いて説明します!

1円玉2枚+10円玉2枚+500玉2枚で14cm

1円2枚、10円玉2枚、500玉2枚を持っていることは多いでしょう。

実は

、1円玉の長さは2.0cm(20mm)

、10円玉の長さは2.35cm(23.5mm)

、500円玉の長さは2.65cm(26.5mm)

です。

そのため、1円2枚、10円2枚、500円2枚を真っ直ぐに並べると「14センチぴったり」となります。

曲がらないよう並べるのがポイント♪

1円玉7枚も14cm

同様に1円玉が6枚準備できるのであれば、これを活用し14センチを測れます。

上にも記載のよう、1円玉の直径は2センチ(20mm)のため、これを67枚直線状に並べれば14センチとなるわけです。

同じ硬貨の方が並べやすいため、7枚の1円があれば1こちらの方がおすすめです。

 

3歳ほどの赤ちゃんの足サイズも約14cm

なおこちらも個人差が大きいため、強くおすすめはできないものの、3歳ほどの赤ちゃんの足の長さも約14センチです。

あくまで参考値としてご活用ください

 

紙パック(ジュースや牛乳など)の高さも14cm

身近なものとして紙パック(ジュースや牛乳などの飲み物)の高さも14センチにあたります。

ただ、立体のため、上述の硬貨などを使った14センチの測定をおすすめします。

 

まとめ 14センチはどのくらい?身近な物で解説

ここでは、14cmがどれくらいか?について、身近なもの、指などを例に挙げて開設しました。

14センチを測りたいものの、物差し、メジャーが手元にないケースもよくあるため、上をご活用ください♪

さまざまな知識を身につけ、毎日をより快適に過ごしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました