スポンサーリンク

10P6や10P7の答えは?10P8や10P9や10P10の計算方法・答え・読み方も解説!【確率・場合の数・順列】

科学

確率・場合の数の計算を行う際に、P(順列の計算)などの記載を見かけることがあるでしょう。

この記号Pを含む計算方法は意外と難しいと感じる人が多いですが、あなたは理解できていますか。

ここでは、このPを含んだ順列の計算方法として10P6・10P7・10P8・10P9・10P10の計算方法・答え・読み方について解説していきますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

10P6の計算方法・答え・読み方は?【順列】

それでは以下で10P6の計算方法・答え・読み方などの各種情報について確認していきます。

10P6とは10×9×8×7×6×5と、10を始めとして9,8,7,6,5と1ずつ減らしたもの「6つ」を掛け算する計算であり、その答えは151200です。

10P6の読み方はそのまま「じゅっぴーろく」と表現すればいいです。

10を6回かけるのではなく、1ずつ数値を小さくしつつ掛け算を実行するのがポイントですね。

計算間違いに注意しましょう。

 

10P7の計算方法・答え・読み方は?【順列】

続いて、今度はPを含んだ順列の計算方法として、10P7の計算方法・答え・読み方などの各種情報について確認していきます。

10P7とは、上の計算方法と同様であり、10×9×8×7×6×5×4と、10を始めとして、9,8,7,6,5と1ずつ減らしたもの「7つ」を掛け算する計算とであり、その答えは604800です。

10P7の読み方はそのまま「じゅっぴーなな」表現すればいいです。

こちらの10P7でも10を7回かけるのではなく、1ずつ数値を小さくしつつ掛け算を実行するのがポイントですね。

 

10P8の計算方法・答え・読み方は?【順列】

続いて、今度はPを含んだ順列の計算方法として、10P8の計算方法・答え・読み方などの各種情報について確認していきます。

10P8とは上の計算方法と同様であり10×9×8×7×6×5×4×3と、10を始めとして、9,8,7,6,5,4,3と1ずつ減らしたもの「8つ」を掛け算する計算とであり、その答えは1814400です。

10P8の読み方はそのまま「じゅっぴーはち」と表現すればいいです。

こちらの10P8でも10を8回かけるのではなく、1ずつ数値を小さくしつつ掛け算を実行するのがポイントですね。

 

10P9の計算方法・答え・読み方は?【順列】

続いて、今度はPを含んだ順列の計算方法として、10P9の計算方法・答え・読み方などの各種情報について確認していきます。

上の10P3などと同様に、10P9とは10×9×8×7×6×5×4×3×2と、10を始めとして9,8,7,6,5,4,3,2と1ずつ減らしたもの「9つ」を掛け算する計算であり、その答えは3628800です。

10P9の読み方はそのまま「じゅっびーきゅう」と表現すればいいです。

10を9回かけるのではなく、1ずつ数値を小さくしつつ掛け算を実行することに気を付けましょう。

 

10P10の計算方法・答え・読み方は?10P9との関係も【順列】

続いて、今度はPを含んだ順列の計算方法として、10P9の計算方法。答え・読み方などの各種情報について確認していきます。

上の10P3などと同様に、10P9とは、10×9×8×7×6×5×4×3×2×1と、10を始めとして、9,8,7,6,5,4,3,2,1と1ずつ減らしたもの「10つ」を掛け算する計算であり、その答えは3628800です。10P9や10の階乗と同じですね。

10P10の読み方はそのまま「じゅっびーじゅう」と表現すればいいです。

10を10回かけるのではなく、1ずつ数値を小さくしつつ掛け算を実行することに気を付けましょう。

 

まとめ 10P7や10P8や10P9や10P10の計算方法・答え・読み方も解説!【確率・場合の数・順列】

ここでは、10P6・10P7・10P8・10P9・10P10の計算方法。答え・読み方について解説しました。

どれも良く出てくる計算のため、この機会に理解しておくといいです。

順列を始めとしたさまざまな計算方法になれ、日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました