10分歩くと何歩、何キロ、何メートルになるのか?15分歩く場合や30分歩く場合では何歩、何km、何mか?【距離や歩数】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが生活している中で、距離、歩数、時間の関係性が知りたいケースが多くあります。

例えば、10分、15分、30分などと歩くことがありますが、これらの時間ウォーキングした場合には、その歩数や距離がどの程度か理解していますか。

ここでは、これら「10分歩くと何歩、何キロ、何メートルか」「20分歩くと何歩、何キロ、何メートルか」「30分歩くと何歩、何キロ、何メートルか」について確認していきます。

スポンサーリンク

10分歩くと何キロ(何km)、何メートルか【距離と歩数】

それでは、10分間ウォーキングした際の距離は何キロで何メートルかについて確認していきます。

もちろん、人によって歩き方、速度等の差はあるため一概には言えないですが、1時間当たりの歩く平均速度は約4km程度です。

そのため、10分間(1/6時間)歩いた場合の距離=4×1/6=2/3キロメートル=約667メートルと変換できます。

10分間歩くと何歩になるのか【歩数】

続いて、10分間ウォーキングした場合の歩数についても確認していきます。

上で10分歩くとおよそ667メートルの距離を移動できることがわかっていることを活用します。なお、歩数とキロ(km)といった距離を変換するためには、その方の1歩あたりの歩幅(長さ)の数値が必要となります。

歩く際の歩幅は身長、性別、歩き方によってある程度のばらつきがあるために、一概にはいえないですがおおよそ70cmが普通に歩く際に一歩当たりの長さの平均値と考えるといいです。

そのため、10分667メートルという距離を歩数に換算すると、667m=66700cmを用い、66700 ÷ 70 = 約953歩=1000歩程度となるのです。

 

15分歩くと何キロ(何km)、何メートルか【距離と歩数】

続いて、15分歩いた場合の距離は何キロで何メートルかについても確認していきます。

分数が変化しても、先ほどと同じように計算すればいいです。1時間当たりの歩く平均速度は約4km程度を用いますと15分間(1/4時間)歩いた場合の距離=4×1/4=1キロメートル=約1000メートルと変換できます。

15分間歩くと何歩になるのか【歩数】

続いて、15分間ウォーキングした場合の歩数についても確認していきます。

こちらも先述の通りの変換方法を活用するとよく、1歩当たりの歩幅=70cmを適用していきます。

よって15分歩いた場合の距離=1000mは1000m=100000cmと変換後、100000÷70=1429歩と求めることができるのです。

30分歩くと何キロ(何km)、何メートルか【距離と歩数】

さらには30分歩いた場合の距離は何キロで何メートルかについても確認していきます。

分数が変化しても、先ほどと同じように計算すればいいです。

1時間当たりの歩く平均速度は約4km程度を用いますと30分間(1/2時間)歩いた場合の距離=4×1/2=2キロメートル=約2000メートルと変換できます。

30分間歩くと何歩になるのか【歩数】

続いて、30分間ウォーキングした場合の歩数についても確認していきます。

こちらも先述の通りの変換方法を活用するとよく、1歩当たりの歩幅=70cmを適用していきます。

よって30分歩いた場合の距離=2000mを2000m=200000cmと変換後、200000÷70=2858歩と求めることができるのです。

まとめ 15分歩くと何歩、何キロ、何メートルになるのか?30分歩く場合や15分歩く場合では何歩、何km、何mか?【距離や歩数】

ここでは、10分歩くと何歩、何キロ、何メートルになるのか?15分歩く場合や30分歩く場合では何歩、何km、何mか?について確認しました。

・1時間あたりの歩いて移動する距離=4km

・平均的な歩幅70cm/歩

を目安値として使用すると上手に計算できます。

歩数や時間との案関係を理解して毎日の生活をより快適に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました