100円の10パーセント増し(10%アップ)の計算方法は?200円の10%アップは?1000円の10パーセントアップの金額は?2000円の10%アップはいくら?

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、パーセント(百分率)に関係する計算が求められることがよくあります。

ただ、パーセントなどのに関する計算は普段から使い慣れていないと対処することがなかなか難しいです。そのため、%表記の数値の扱いに慣れておくことが大切であり、ここでは特に20%offに関する計算の仕方に関して実際の金額を用いた計算問題を通して解説していきます。

スポンサーリンク

100円の10%アップ(10パーセント増し)は?【計算問題】

まず、100円の10パーセント増しについて考える前に一般的な~%増しの計算方法について確認していきます。

A%アップの計算について考える場合には、元値×(100+A) / 100と計算することでAパーセント増し後の値段を考えることができるのです。

ここで元値を100円、A=100として計算すれば100円の10%アップ後の値段を求めたこととなり、100×1.1=110円がこの金額となるわけです。

他の対象の金額であっても10パーセントアップの計算を行うには、1.1倍とすればいいことを理解しておきましょう。

200円の10%アップ(10パーセント増し)の値段は?

続いて、服の値段などでたまにみかける200円という金額の10パーセントアップした金額についても確認していきましょう。

同世の計算方法で求めればいいので、200×1.1=220円と計算できました。

1000円の10パーセントアップの金額は?【10%増し】

さらには、1000円という金額の10%アップした金額についても確認していきます。

上と同様の計算方法で対処すればいいので、1000×1.1=1100円と計算できます。

2000円の10%アップはいくら?

今度は対象を2000円にして考えてみましょう。

10パーセントアップした金額は対象の値段に×1.1を行えばいいので、2000×1.1=2200円と求めることができます。

まとめ 100円の10パーセント増し(10%アップ)の計算方法は?200円の10%アップは?1000円の10パーセントアップの金額は?2000円の10%アップはいくら?【具体的な金額での練習問題】

 ここでは「100円の10パーセント増し(10%アップ)の計算方法は?200円の10%アップは?1000円の10パーセントアップの金額は?2000円の10%アップはいくら?」といった金額やその計算過程について解説しました。

・100円の10%アップ:110円

・200円の10%アップ:220円

・1000円の10%アップ:1100円

・2000円の10%アップ:2200円

と求められることを理解しておくといいです。

百分率を始めとした計算になれ、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました