Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の換算(変換)方法

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

科学的なデータを解析する際によく単位変換が求められることがあります。

例えば、抵抗率の単位としてΩm(オームメートル)やΩcm(オームセンチメートル)というものを使用することがありますが、これらの単位換算方法について理解していますか。

ここでは、このΩm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の換算(変換)方法について計算問題を交えて解説していきます。

スポンサーリンク

Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の換算(変換)方法

まず、Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)も抵抗率の単位(物質における電気の通しにくさ)の一つです。

ここで、ΩmとΩcmでは、mとcmの違いに着目すると1m=100cmであることを活用すると、1Ωm=100Ωcmという単位換算式が成り立つのです。

逆に、1Ωcmは何Ωmかと聞かれれば、1Ωcm=0.01Ωmという変換できるわけです。

抵抗率の単位としてはオームメートルもオームセンチメートルも比較的良く出てくるため、きちんと理解しておきましょう。

Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の換算(変換)の計算問題を解いてみよう

それでは、オームメートルやオームセンチメートルの扱いに慣れるためにも計算問題にチャレンジしていきましょう。

・例題1

0.5Ωmは何Ωcmと換算できるでしょうか。

・解答1

上のΩmとΩcmの変換式を元に計算してみましょう。

0.5 × 100= 50Ωcmと計算することができました。

逆に、オームセンチメートルからオームメートルへの単位換算も行っていきます。

・例題2

80Ωcmは何Ωmと換算できるでしょうか。

・解答2

上の公式より、80÷100=0.8Ωmと換算できました。

まとめ Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の換算(変換)方法

ここでは、Ωm(オームメートル)とΩcm(オームセンチメートル)の単位変換方法について解説しました。

・1Ωm=100Ωcm

・1Ωcm=0.01Ωm

となります。

抵抗率を始めとした各種科学用語やその単位の扱いに慣れ、毎日の業務をより充実させていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました