水の体積と重量(重さ)の変換(換算)方法【質量の求め方】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

科学的な解析を行う時などに、よく各種換算が求められることがあります。

これらの方法を理解していないと各処理ができないことが多いため、きちんと学んでおくことが大切です。

例えば、水の体積や重量(質量)の変換をしたいときにはどう対処すればいいのか理解していますか。

ここでは、水の重量(質量)と体積の計算方法について確認していきます。

スポンサーリンク

水の重量(重さ)と体積の方法【密度との関係】

まず、重量、重さ、質量などと似た言葉がありますが、kgやgで表させる数値は基本的に質量が正しい表現です。

重量、重さはこの質量に重力加速度をかけたkgfやnなどで表す力を表しているため、体積と変換できるのは基本的には質量となります。

なお、水において体積と質量(重量)の計算を行っていくためには、水の密度1g/cm3などを活用していきます。

単位は上手に合わせる必要はあるものの、水の体積× 水の密度=水の質量(重さ)と計算できるのです。

このとき、水の体積、重量の単位換算も大切になり、以下の練習問題を用いて、具体的な数値計算を行っていきましょう。

水の体積と重量(質量)の換算方法【cm3とg】

それでは、水の体積cm3と質量gの単位変換の練習問題を解いていきましょう。

例題1

水の体積5cm3は重量(g)に変換するといくらと計算できるでしょうか。

解答1

上の水の密度の単位を確認すると約1g/cm3であるため、5×1=5gという水の質量であることがわかるのです。

水の重量(重さ)と体積の変換方法2【m3とkg】

他にも、水の質量の単位をkg、体積の単位をm3(立方メートル)で表すこともよくあり、以下でこのケースの換算方法を詳しく確認していきます。

例題2

水の体積0.7m3は重量(kg)に変換するといくらと計算できるでしょうか。

解答2

上の水の密度の単位を確認すると約1g/cm3でしたが、ここで1g=0.001kg、1cm3=0.000001m3であることを用いると、1000kg/m3と表現することもできるのです。

よって、0.7×1000=700kgという水の質量と求めることが可能です。

まとめ 水の体積と重さの換算方法【密度との関係】

ここでは、水の体積と重量の変換を密度を用いて行う方法について解説しました。

基本的には、水の質量=水の体積×水の密度で求められます。

このとき、各単位に気をつけるといいです。

各単位の意味や使い方に慣れ、毎日の生活をより快適に過ごしていきましょうしょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました