スポンサーリンク

馬へんに川(馴)の読み方や意味は?馬へんに也(馳)の読み方や意味は?馬へんに区(駆)の読み方や意味は?馬へんに扁(騙)の読み方や意味は?【漢字の音読み・訓読み】

暮らしの知恵

私たちが生活している中で字はわかるけれども読めない漢字と遭遇することがあるでしょう。

ただ、この漢字が覚えていないと何かと生活で困ることもあるため、理解しておくといいです。

中でもここでは馬へんに川(馴)の読み方や意味は?馬へんに也(馳)の読み方や意味は?馬へんに区(駆)の読み方や意味は?馬へんに扁(騙)の読み方や意味は?について訓読みと音読み別に解説していきます。 

スポンサーリンク

馬へんに川(馴)の読み方や意味は?

 馬へんに川の漢字と書く「馴」の読み方について確認していきます。

馬へんに川と記載する漢字の「馴」の読み方は

・音読み:クン、シュン、ジュン

・訓読み:おし(え)、な(らす)、な(れる)、よ(い)

と読みます。

こちらの漢字は見ることが多く「馴」なだけあって、馴染みがあるかと思います。

「馴」という漢字は、言いつけにおとなしく従うという意味を持っています。

「馴」は馬+川の二つの文字が合体しできている漢字です。ここで使われている「川」という漢字には、川が一定の道筋に従って流れる(つまり慣れる)と意味を持っています。その意味から、馬が人に従う「なれる」を意味する「馴」という漢字ができたと言われています。

普段、サラサラっと書いている漢字も由来などを知ると面白いですね。

 

 

馬へんに也の読み方や意味は?

続いては馬へんに也の漢字と書く「馳」の読み方について確認していきます。

馬へんに也と記載する漢字の「馳」の読み方は

・音読み:ジ、チ

・訓読み:は(せる)

と読みます。

こちらの漢字もあまり見る機会が少ない漢字かなと思われます。

ここで覚えていただけるようご紹介します。

この漢字はあまり馴染みがないかもしれませんが、「駆馳」(くち)という漢字に使われます。

「駆馳」は馬や車を走らせるという意味を持っています。では、「馳」の漢字の成り立ちから説明します。

「馳」は「馬」+「也」を合わせてできた漢字です。「馬」は皆さんが分かるとおり動物の馬のことです。

では「也」という漢字にはどんな意味があるのでしょうか。「也」の由来となったものは、道など左右に曲がりくねったものや蛇などのうねりから表現された漢字なのです。2つの漢字が一緒になったものが「馳」です。「馳」は馬が背中をうねらせて速く走るという意味を持っています。

 

馬へんに区の意味や読み方は?

さらに馬へんに区の漢字と書く「駆」の読み方について確認していきます。

馬へんに区と記載する漢字の「駆」の読み方は

・音読み:ク

・訓読み:か(ける)、か(る)、お(う)

と読みます。

この漢字は「駆使」という漢字にも使われています。「駆使」の意味は追い使うことや機能・能力などを思いのままに自由自在に使うことなどの意味があります。ここで使われるように「駆」という漢字には馬にむちを打って走らせるや追い立てるなどの意味があります。

「驅」という漢字は皆さんご存じですか?あまり見ないかもしれませんね。

「驅」という漢字は「駆」の旧字体で同じ意味を持っています。旧字体なので、現在ではなかなか見ることは無いかもしれませんが、昔の書物などを見るときに使用されていることもあると思うので覚えておくといいかもしれませんね。

 

馬へんに扁(騙)の読み方や意味は?

最後に馬へんに扁の漢字と書く「騙」の読み方について確認していきます。

馬へんに扁と記載する漢字の「騙」の読み方は

・音読み:ヘン

・訓読み:かた(る)、だま(す)

と読みます。

この漢字は「子供騙し」や「騙し討ち」といった言葉に使われ、人をあざむくという意味を持っています。

この漢字はよく使われ説明されなくてもわかる方がほとんどだと思います。

他人を騙す行為は絶対にしてはいけません。この「騙」の漢字と同じ悪いイメージを自分に植え付けることになります。しかし自分自身を騙しながら物事に取り組み、励むことはいいかもしれませんね。

良い方向に転がるように「騙」と付き合っていきましょう。

まとめ 馬へんに区(駆)や馬へんに扁(騙)の読み方や意味は?

ここでは、馬へんに川(馴)の読み方や意味は?馬へんに也(馳)の読み方や意味は?馬へんに区(駆)の読み方や意味は?馬へんに扁(騙)の読み方や意味は?について解説しました。

どれも難しい漢字のためこの機会に学んでおくといいです。

さまざまな漢字の意味や読み方を理解し日々の生活に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました