卓球が何が面白いのかわからない(楽しくない)と感じる人に向け、その魅力を徹底解説!【卓球がつまらないと感じる人へ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

卓球は誰にでも気軽にできる人気のスポーツの代表といえ、徐々にプレーヤーが増えつつあります。

ただ、卓球にはまりその面白さを十分に味わえている人と、卓球を楽しくない・つまらないと感じる人に2極化しているようにも感じます。

せっかくの人生ですからさまざまなことの興味を持ち、楽しめたほうが、より毎日を充実させやすいと思います。

そこで今回は「実際に卓球を楽しめている人・はまっている人」の生の声を元に「卓球の何が楽しいかわからない(面白くない)と感じている方」に向け、卓球の魅力やメリットについてを紹介していきます。

スポンサーリンク

卓球の何が面白いのかわからない(楽しめない)に向け「その魅力」を徹底解説!【卓球が面白くないを卒業しよう!】

まずは60代、男性からのサッカーの魅力(メリット)に関する生の声を紹介します!

私が思う卓球の面白さを書いてみます。

・見た目以上に運動量があり、汗をかなりかくのでダイエットにもなる。

・卓球はお金がそんなにかからない。町の卓球場はあまり見かけなくなりましたが、各市町村では体育館にて卓球台の時間貸しをやっています。一人一時間で200円程です。最初にラケット、シューズ、ユニフォームやジャージを買えば、後必要なのはピンポン玉ぐらいです。

・テレビ観戦がワクワク・ドキドキで本当に面白い。なかなか中国には勝てませんが、日本は男女共にNo.2です。ある意味自信を持って、ある意味不安を持ちながらテレビ東京の中継を観れば、明日は卓球をしたくなるはずです。

確かに卓球はコスト的にも、技術的にも、誰でもある程度はできることが魅力ですよね。

テレビ観戦で凄いプレーを見た後に卓球をしてみると、卓球を楽しくないと感じていた人も楽しめると思います(^_^)/

以下のような動画などでワクワク感を高めていきましょう。

 

【卓球】私が選ぶスーパープレイ集【Part1】

卓球が面白くない・楽しめないと感じる人にその魅力を解説 その2

続いて卓球の楽しさ・魅力(メリット)を30代、男性の生の声を元に紹介します!

卓球の面白い理由は、老若男女楽しめる唯一のスポーツと思うからです。つまり、どのような方であっても、ある程度のラリーが続けられたりと初心者でも取組みやすいのが楽しさの秘訣ですね。

私は力も弱く、運動神経も悪い方ではありますが、卓球だとテクニックでカバーすることができることも面白さの一つと感じています。サッカーや野球などのスポーツでは、ある程度のレベルになるには体力ありきな部分が強いと思うためです。

手軽に誰でもみんなで楽しめる、数あるスポーツの中でも卓球が1番その言葉に相応しいスポーツだと思います。

 

確かに卓球の魅力は誰でもある程度のレベルでプレーでき、気軽に楽しめるということと私も思います。

卓球がつまらない・楽しめないと感じる人にその魅力を解説 その3

続いて30代、男性の卓球の楽しさ・魅力(メリット)について紹介します!

 

卓球の魅力は、対戦相手との体の接触がないため、大きなケガをする可能性が低い安全なスポーツなことです。

天候に左右されず室内競技のため、真夏の猛暑日や悪天候でも安全にプレイができるのもいいいですね。

なお、身体能力の差が少なく他のスポーツと比較しても身体能力の差が少ないスポーツのため、初心者でも楽しみやすいのも面白さの秘訣です。体が小さかったり力がなくても練習次第で名選手になれる。

生涯スポーツであり、小さな子供から年配の方まで、同じルールで安全に楽しくできる生涯スポーツとして有名であり大人になってからも仲間たちと続ける事ができるので一生の趣味として楽しむことができ。

 

年を取ってきても同様に続けて楽しみやすいのも卓球の大きな魅力でしょう。

卓球が面白くないと感じてしまう方は、とりあえず取組み、とりあえずその雰囲気を楽しんでみるのがおすすめですね(^_^)/

 

まとめ 卓球を楽しめない(面白さがわかならい)人に向け、その魅力を徹底解説【生の声】

ここでは、卓球をつまらない(面白くない)と感じる人に向け、その魅力をの生の声を元に解説しました。

上のコメントを少し意識するだけでも卓球をもっと楽しめるようになると、私もイメージできますね。

卓球への興味が湧いてきた方は是非チャレンジして、今度はあなたが卓球にはまり、その魅力を伝える側になっていけたらいいですね。

一度きりの人生、さまざまなことを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました