前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミを徹底紹介【バングカラー・インナーカラー・似合う人は?】 | ウルトラフリーダム

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミを徹底紹介【バングカラー・インナーカラー・似合う人は?】

本サイトでは記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

普段生活している中で「これはダサい・・」「オシャレかも!」と感じることは多々ありますよね。

たとえば「前髪だけ染めている人(バングカラー)」に対して注目すると「ダサい…」「おしゃれ!」と賛否評論なよう。

このような背景もあり、ここではこの「前髪だけ染めるのはダサいか?おしゃれか?」について、生の声をお聞きしました!

あなた自身が取り入れるかどうか?などの参考にしてみてください♪

 

スポンサーリンク

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

それでは以下で30代男性からの「前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」の生の声を紹介していきます

おしゃれだと思います。

私も前髪だけ染めた経験があります。

他人と同じだとつまらないと感じる人間なので、個性的なスタイルがおしゃれだと思ったのが理由です。

全身を見たときに、服装もおしゃれな人は前髪だけを染めていても違和感はなく、むしろヘアスタイルもファッションの一部として個性を出しているのだと感じます。

反対に服装はおしゃれを気にしていないのに、前髪だけ染めている人をみると「どうした?」と心の中で思うことはあります。

いきなり前髪だけを染めても、他の人からは違和感しか感じないでしょう。

服装などにも気をつけて、他人におしゃれだと思われる人になってから前髪を染めると「おしゃれ」と言われる存在になれると思います。

また、ダサいかおしゃれかは染める髪色によるところもあります。

いつもヘアカラーに取り入れている色と組みあわせながら、染める髪色を決めることも大切かなと思います。

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて20代女性からの「 前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」の生の声を紹介していきます。

前髪だけ染めるのはおしゃれです!

インナーカラーが流行っているのと似ていて、少し奇抜には見えますが、ファッションのワンポイントとして髪の毛の一部が染めてあるのは可愛いです!

奇抜さよりも普通さを求めている人には向いていませんが、髪色を金髪にしていたり、バイカラーにしていたりする人には、新たな挑戦としてやってみる価値が有ると思います。

ただ、前髪全部を染めるよりは半分だけ染めるほうがよりおしゃれに見えます。

あとは、髪の毛全体を染めるのには抵抗がある人や、インナーカラーだと他の人に色が見えづらくて少し物足りないと思う人には、前髪だけという選択肢があっていると思います。

髪色で迷っているなら、どうせなら最初は奇抜な色にするのが良いと思います!

仮に失敗したとしても、前髪だけなら、すぐに黒染めや茶髪にしてしまえますから。

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて30代女性からの「前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」を紹介していきます。

私はダサいと思います。

本来の自然界に存在しないものに、人間は不自然さを感じる生き物だそうです。

少し日に焼けて脱色したような、穏やかな変化のカラーリングならまだしも、派手な色を前髪にだけ入れるのは違和感があります。

また、カラーリングは髪を痛ませやすく、人目につきやすい前髪が傷んでいると、全体的に傷んでいたり艶がないような印象を受けてしまいます。

オシャレさには清潔感が欠かせないので、前髪のみのカラーリングはオシャレとは言いづらいでしょう。

 

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて20代女性からの「前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」といった生の声を紹介していきます。

ダサいと思います。

正直「どうしたの?」と思います。「汚れてしまったか、失敗してしまったかな?」と感じます。

エクステやサイドの髪だけ染めるのはまだわかりますが、前髪だけ染めるのは個性的なファッションとみるよりも、変な印象をうけます。

また、前髪だけ染めていると、仕事で「前髪だけ染めていても問題にならない人」という印象があるので、社会性などを持ち得ていない人という印象を受けるので身構えてしまいます。

それだけではなく、二次元だけに許されるヘアスタイルだと思うので、三次元でしている人は浮世離れしていて若干の違和感も感じます。

 

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて40代女性からの「前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」といった生の声を紹介していきます。

おしゃれだと思います。

「バングカラー」と呼ばれ、昨年あたりから10〜20代の若者を中心に流行っていますよね。

前髪全部を染めるのではなく、インナーカラーとして内側だけを染めるのが主です。

かくいう私も、そのように染めていますが、周りからの評判は上々です。

ですが、一つ盲点がありました。

それは「染めるだけでおしゃれになる訳ではない」ということです。

この髪型は、染めた前髪部分をキチンとセットして初めて「おしゃれ」になります。

洗って乾かして、適当にワックスをつけて、ハイおしゃれ!という訳にはいきません。前髪がうねっていたりすると、染めている分余計に目立ってしまいます。

前髪を染めてからは、朝のスタイリングの時間が以前の倍かかるようになってしまいました。

よく女子中高生が「今日は前髪がきまってないから、気分が萎える」などと言っている気持ちが、この年になって共感できるようになるとは…夢にも思わなかったです。

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて20代男性からの「 前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」といった生の声を紹介していきます

前髪だけ染めるのはダサいです。

メッシュなどはおしゃれだなと思うんですけど、前髪だけっていうのは意味がわからないです。

「染めるなら染める、染めないなら染めない」ではっきりした方がいいと思います。

例えば前髪だけ金髪で、そのほかは真っ黒って印象が悪いと感じてしまいます。一般人でいたら絶対ひいてしまいますし、芸能人ですら中々いません。

もし自分の家族が前髪だけ染めたいという機会があれば、全力で止めると思います。

 

前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?口コミ

続いて50代女性からの「前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?」の生の声を紹介していきます。

おしゃれだと思います。

バングカラーを入れている若い子たちは、センスが良くておしゃれを楽しんでいる子が多い印象です。

個人的には、ストレートボブで前髪だけカラーを入れている髪型が好きです。

年配になって、白髪部分のみをヘナなどで染めているのも素敵だと思います。

カラーではないですが、年配の男性が前髪の部分的な白髪を、あえて染めずに残しているのもロマンスグレー的な印象があり、昔から素敵だと思っていました。

逆にダサく見える場合は、そもそも前髪に限らず、色味がその本人の顔色と似あっていないとか、別の理由があるように思います。

カラーそのものに清潔感がなければ、全体的に疲れた雰囲気を出すものだと思うので…

特に年齢を重ねるほど注意が必要。

さらに、眉毛の色などもあわせた方が良いと思います。

前髪だけのカラー自体がそもそもセンスを求められると思うので、おしゃれに見られたいならば、髪以外の全体のセンスも絶対に必要です。

 

まとめ 前髪だけ染めるのはダサいか?おしゃれか?生の声をお届け!

ここでは、前髪だけ染めるのはダサい?おしゃれ?に対する主観の口コミを紹介させていただきました。

上の意見を参考にしダサい状況であれば克服し、既におしゃれな状況であれば、さらにその良さを上げるといいですね!

日々の生活をもっと楽しんでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました