ボウリングが楽しくない(面白くない)と感じる人に向け、その魅力を徹底解説!【ボウリングがつまらないと感じる人へ】

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク

ボウリングは誰にでも気軽にできるスポーツ(娯楽)の1種といえ、徐々にプレーヤーが増えつつあります。

ただ、ボウリングにはまりその面白さを十分に味わえている人と、ボウリングを楽しくない・つまらないと感じる人に2極化しているようにも感じます。

せっかくの人生ですからさまざまなことの興味を持ち、楽しめたほうが、より毎日を充実させやすいと思います。

そこで今回は「実際にボウリングを楽しめている人・はまっている人」の生の声を元に「ボウリングの何が楽しいかわからない(面白くない)と感じている方」に向け、ボウリングの魅力やメリットについてを紹介していきます。

スポンサーリンク

ボウリングの面白さがわからない(楽しめない)に向け「その魅力」を徹底解説!【漫画が面白くないを卒業しよう!】

まずは30代、女性からのスマホゲームの魅力(メリット)に関する生の声を紹介します!

ボウリングの楽しさ(面白さ)は年齢問わず出来ること。

ボウリングはボールさえ持てれば子供でも老人でも、同じ空間で一緒に同じゲームをすることができます。

激しく動くこともないので、体が弱い人や体力がない人でも楽しめます。グループで行って盛り上がるもよし、一人でもくもくとプレイするもよし。

ボウリングをする場所は屋内なので梅雨や雨でも大丈夫だし、空調もバッチリなので熱中症とは無縁の環境です。

どの季節でも外の気候を気にせず楽しめるのはいいところだし、スコアが上がっていくのも楽しいし、個人競技なので連帯責任もなくいい意味で気楽にできるスポーツだと思います。

ボウリングが楽しくない(つまらない)と感じる方は、まず気軽に試してみるといいですね。

確かに簡単にはじめられて、その楽しみ方もそれぞれでできるのが、ボウリングの面白さといえますね(^_^)/

 

ボウリングが面白くない・楽しめないと感じる人にその魅力を解説 その2

続いてボウリングの楽しさ・魅力(メリット)を30代、男性の生の声を元に紹介します!

ボウリングをすることに面白さを感じる理由は以下の通りです。

まずボウリングは自分一人でも楽しめたり、もしくは複数人で一緒にスコアを競ったりと、状況に応じて楽しめるのが魅力の一つです。

なお、室内でプレイできるため、結果が天候に左右される心配がないのも、ボウリングが好き(楽しい)と感じる理由ですね。

ボウリングは激しい運動ではないため、運動神経にも左右されにくく、練習すれば誰でも上達できます。かつボールやシューズもレンタルから始められるため、初期費用がかからないことから、ボウリングが楽しくないと感じる方は、まずは回数を重ねて練習してみるのがいいと思います。

 

やはり、楽しみ方、天候に左右されないこと、初心者でもある程度の結果が出せることがボウリングの魅力といえますね(^_^)/

ボウリングがつまらない・楽しめないと感じる人にその魅力を解説 その3

続いて30代、女性のボウリングの楽しさ・魅力(メリット)について紹介します!

 

ボーリングについてなのですが、運動神経いい悪い関係なく楽しめてしまうところがひとつの魅力です。また、子供から大人まで楽しめるので家族で集まったときにみんなで行って盛り上がることもできます。

子供には子供用の軽めなボールがあるのと、ガターをなくすことが出来るので同じように楽しめるし点数もみんなで競い合えてとっても盛り上がります。

おなじように友達同士で行くのもとてもおすすめです!ピンを倒せたらハイタッチなどして盛り上がれること間違いなし。

また、8ピン倒したら写真撮影プレゼントなどボーリング場によってミニイベントがあるのも魅力のひとつです!

 

確かにガーターをなくすなどの初心者に優しい仕組みや、いくつかのミニイベントがあるがあるのもボウリングをより楽しめるポイントといえますね

 

まとめ ボウリングを楽しめない(面白さがわかならい)人に向け、その魅力を徹底解説【生の声】

ここでは、ボウリングをつまらない(面白くない)と感じる人に向け、その魅力をの生の声を元に解説しました。

上のコメントを少し意識するだけでもボウリングをもっと楽しめるようになると、私もイメージできますね。

ボウリングへの興味が湧いてきた方は是非チャレンジして、今度はあなたがボウリングにはまり、その魅力を伝える側になっていけたらいいですね。

一度きりの人生、さまざまなことを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました