10Kはいくら?100Kや1000Kはいくら? お金の単位のKやMの意味や読み方【10Kや10M】

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク

私達が生活している中でよく変わったお金の単位を見かけることがあります。

代表的なものとしては、10Kや10M、100K、1000Kなどがありますがこれらがいくらを表し、その読み方は何なのかについて理解していますか。

ここでは、これらお金の単位のKやmの意味や読み方について解説していきます。

スポンサーリンク

10Kはいくら?100Kや1000Kもいくら?【お金の単位のkの意味と読み方】

それでは、金額の単位として少し変わったものであるkの意味について確認していきます。

結論からいいますと、お金の単位の「k」は「キロ」の略であり、1000倍することを意味します。

つまり

・1K=1000円
・10K=1万円(10000円)
・100K=10万円(100000円)
・1000K=100万円(1000000円)

と変換することができるのです。

なお、お金だけでなく、人などについて10K人とすれば1万人のことを表すといえます。これは陰スタのフォロワー数などで実際に使用されているのを見かけますよね。

単位のkの読み方としては、そのまま「~ケー」と呼んでもいいですし、変換後の数値(上のよう1kであれば千円など)で呼んでもいいです。

必要に応じてみなに伝わるよう、工夫するといいです。

 

1mはいくら?10mや10kとは?【お金の単位のm円とは?】

このように、金額の単位のKが使われるわけですが、これと同様にM円というものが使用されることがあります。

こちらのMの意味は10^6倍を意味しているため、1M円=1000000円=100万円=1000K円と変換できます。

つまり、

・1M=1000000円(100万円)
・10M=10000000円(1000万円)
・100M=100000000円(1億円)

となっていくわけです。

まとめ 10Kはいくら?100Kや1000Kはいくら? お金の単位のKやMの意味や読み方【10Kや10M】

ここでは、10Kはいくら?100Kや1000Kはいくら? お金の単位のKやMの意味や読み方【10Kや10M】について解説しました。

・1K=1000円
・10K=1万円(10000円)
・100K=10万円(100000円)
・1000K=100万円(1000000円)

であり、

・1M=1000000円(100万円)
・10M=10000000円(1000万円)
・100M=100000000円(1億円)

と変換できます。

さまざまなお金の単位の使い方になれ、毎日の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク
科学
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました