100円玉の重さは1枚何グラム(何g)?100円玉を100枚集めた重さは?100円玉1キロ(1kg)は何枚なのか?100円が4000枚ある際の重さは?100円で20万の重さは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまな重さについて注目する機会がありますよね。

例えば、よく小銭として100円玉などを持ち歩くことがありますが、この100円1枚当たりの重さが何グラム(何g)なのか理解していますか。

ここでは、この100円の重さに関する内容として、100円玉の重さは1枚何グラム(何g)?「100円を100枚集めた重さ」「100円玉1キロ分は何枚に相当するのか?」「100円が4000枚ある際の重量はいくらか?」「20万円に相当する100円の枚数は何枚か」について解説していきます。

スポンサーリンク

100円玉の重さは1枚何グラム(何g)?

それでは、小銭としてよく使用する100円玉についてその重量(重さ)が1枚何グラム(何g)か?について確認していきます。

100円玉といえば、ご存知のよう以下のような形状をしていますよね。

以下のような100円ですがその重さは4.8gとなるように製造されています。なお、100円玉の材質としては、白銅と呼ばれる銅75%、ニッケル25%のものによってできています。

100円を100枚集めた重さ(重量)は?

続いて、この100円硬貨を100枚集めた場合の重さについても確認していきましょう。

単純に上の100円1枚当たりの重さ4.8gに枚数の100をかけていけばよく、4.8 × 100 = 480gと計算することができます。

 

100円玉4000枚の重量はいくらか?何グラム?何キロ?

続いて、さらに多い枚数である4000枚分の100円の重量が何gや何kgとなるのかを計算してみましょう、

上述のよう100円1枚の重さは4.8gです。

そのため、これに枚数4000をかけると、4.8× 4000= 19200gと求めることができるのです。これをキロ数(kg数)に変換しますと、1000で割るとよく、19200÷1000=19.2kgと換算できるのです。

100円玉1キロ分は何枚に相当するのか?

今度は逆に重さから100円玉の枚数への変換も行っていきましょう。

100円玉1枚の重量は約4.8gであるため、単位がグラムである重さをこの4.8で割っていくといいです。

ここで1kg=1000gであることを使用しますと、1000÷4.8 = 208.33・・・となることから、約208~209枚ほどであるといえます。

20万円に相当する100円の枚数は何枚か?

最後に20万に対応する100円の枚数についても確認していきましょう。

今度は単純に合計金額20万円をお金の100円で割る計算を行うといいです。

200000 ÷ 100 = 2000枚と変換することができました。

まとめ 100円玉の重さは1枚何グラム(何g)?100円玉を100枚集めた重さは?100円玉1キロ(1kg)は何枚なのか?100円が4000枚ある際の重さは?100円で20万の重さは?

ここでは、「100円を100枚集めた重さ」「100円玉1キロ分は何枚に相当するのか?」「100円が4000枚ある際の重量はいくらか?」「20万円に相当する100円の枚数は何枚か」について確認しました。

・100円玉の重さ:1枚4.8g

・100円を100枚集めた重さ:480g(グラム)

・100円玉4000枚は約19.2㎏

・100円玉1キロ分は約208枚

・20万に相当する100円の枚数は2000枚

 

といえます。

100円を始めとした小銭の性質について理解し、日々の生活に役だてていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました