いくらやうにが苦手(嫌い)な理由と美味しい食べ方(克服方法)【生臭いのが美味しくない?(まずい)】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私たちが何気なく生活している中で、さまざまな苦手があることでしょう。

ただ、嫌いなことが少ない方がより快適に過ごせるようになるため、苦手は克服していった方がいいです。

中でも「いくらやうに」を食べることが苦手な人は意外と多く、ここではいくらやうにが苦手な理由とこれを克服できた人が「いくらやうに」の嫌いの改善に至った具体的な方法について、生の声を元に解説していきます。

スポンサーリンク

いくらやうにが嫌い(苦手)な理由これらを嫌いな理由と克服方法【いくらやうにがまずい(美味しくない)と感じる人の美味しくなる食べ方】

それでは、以下で実際にいくらやうにが苦手だったがそれを克服できた方の生の声を元に、アレンジの方法(レシピ)を詳しく解説していきます。

いくらやうにが苦手な理由と克服のためのアレンジ方法1(男性、30歳の頃に改善:新鮮なものを食べる)

・いくらやうにが嫌いだった理由

いくらやうにの独特の臭みや苦味などの味がどうしても苦手でした。回転寿司や、お惣菜の寿司は本当に苦手でしたので、全く食べることができませんでした。いくらもうにも、食べたら食感から舌に乗せたときのさわり心地が苦手で飲み込むことは出来ませんでした

・いくらとうに嫌いを克服した方法

北海道に旅行したとき、宿泊した旅館で夕飯に付け合わせで小鉢でウニとイクラが出ました。いつもならまったく食べようなどと思わないのですが、その時は採れたてと聞いたこともあり臭いもなかったので食べてみました。すると新鮮でいくらやうにをとても美味しかったのでそれから食べれるようになりました。

いくらやうにが苦手な理由と克服のためのレシピ2(女性、23歳のころ高級なものを食べることで改善)

・いくらやうにが嫌いだった理由

いくらとうにはどちらも、磯の匂いが強く、臭いと感じていました。味も、苦いし気持ち悪いと思っていました。いくらは、プチプチという感覚が嫌いで、うにはドロドロする食感が苦手でした。どちらも、口の中に味が広がるのでとても食べるのが苦痛でした。

・いくらとうにの苦手を克服した方法

もともと、うにやいくらを食べるタイミングが回転寿司だったり、安いものでした。しかし、実家である日高級なエゾバフンウニと北海道のいくらがでました。いやいやでしたが、折角高いものが出たので口に運ぶと、今まで感じていた苦味や臭みが全くなく甘みを感じました。高級なものを食べてからはいくらやうにを美味しく感じるようになりました。

エゾバフンウニのような高級品で本当のうにやいくらのおいしさを知れた方がいいですね^_^

いくらやうにがまずいと感じる理由と克服のための食べ方3(女性、20歳頃にクリームパスタに入れることで克服)

・いくらやうにが嫌いだった理由

いくらはプチプチの中から出る汁が生臭く感じました。うには見た目がまず苦手でした。回転寿司で一度食べてみましたが、やはり生臭くて美味しくないと感じました。どちらも嫌な生臭さを感じてしまい、好きじゃありませんでした。

・いくらやうにをまずいと感じるのを克服した方法

安いものではなく、それなりの値段のいくらとうにを食べて美味しさをしっかりと感じてから再チャレンジしました。生のままは抵抗があったので、いくらもうにもクリームパスタで食べたらとても美味しくて、クリームパスタでなら食べられるようになりました。

たしかに明太子パスタと同じような風味でかなり美味しそうですね!

いくらとうにの苦手克服の工夫の4(女性、20歳のころにわさびで臭みを消すことで克服)

・いくらやうにが嫌いだった理由
値段の安いものや、買ってから時間の経過したものなどが特に生臭さを感じるところです。最初に食べたものがあまり美味しいと思うものではなかった為か、それ以来いくらやうには生臭いものだという先入観が出来上がってしまいました

・いくらやうに嫌いを克服した方法

学生用の食堂にいくらやうにを使ったメニューがあったので、たまに食べるようにしました。偶然にも新鮮な海産物を沢山食べられる地域に引っ越していたためか、その食堂で食べられるうにやいくらも美味しいと感じるものでした。最初はまだ苦手意識が強かったので、わさびを濃いめに溶いた醤油を多めにかけるようにしました。次第にいくらやうにに対する苦手意識が薄れ、その学食以外の場で食べるものも食べられるようになりました。

確かにわさびなどの臭み消しと一緒に食べるようにするとうにやいくらの生臭さを感じにくくなりますよね

いくらとうにを苦手と感じるのはなぜかと嫌いの克服のアレンジ5(男性、20歳でにトマトジュースと混ぜることを活用して改善)

・いくらやうにが苦手だった理由

うにやいくら特有の磯臭い臭いや、うにのぬろりとしたよくわからない食感が嫌いでした。元々海鮮系自体が好きでは無く、全般的にも嫌いでした。特に癖の強いいくらとうにが大嫌いで、家族で寿司屋に行った時も家族がうにやいくらを食べるのが嫌でした。

・いくらやうにの苦手を克服した方法

元々回転寿司しか食べた事がありませんでした。職場に海鮮好きな仲の良い上司がおり、『それじゃあもったいない!』と、回らない寿司屋に連れて行かれうにといくらを無理矢理たべさせられました。そこで初めて、所謂ホンモノを口にし、回転寿司とあまりに違うおいしさに感動してから食べられるようになりました。

やはりホンモノ(高級なうにやいくら)を食べることで美味しいと感じられるように
確かにわさびなどの臭み消しと一緒に食べるようにするとうにやいくらの生臭さを感じにくくなりますよね

まとめ いくらやうにがまずい(嫌い)と感じる理由と苦手の克服の方法(美味しくなる食べ方)

ここでは、いくらやうにを食べられなかった人が美味しく食べられるようになった具体的な方法の体験談を紹介しました。

やはり、高級ないくらやうにを食べること、わさびなどを活用してその味に慣れることが大切なようですね。

いくらやうにの嫌いを克服し、毎日の生活をより豊かに過ごしていきましょう。

スポンサーリンク
暮らしの知恵
スポンサーリンク
life-freedom888をフォローする
スポンサーリンク
ウルトラフリーダム

コメント

タイトルとURLをコピーしました