スポンサーリンク

あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~という問題の解き方と答え

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば「あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~という問題の解き方と答えは?【SPIなど】

それでは以下で「あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~という問題の解き方と答えについて見ていきましょう。

 

問題の詳細は以下の通り。

・問題

あるレストランでランチを食べた人のうち、サラダをつけた人が84人、デザートをつけた人は46人であり、サラダをつけた人のうち2/7がデザートもつけた。 このとき、サラダとデザートのどちらか一方をつけた人は何人ですか?

このような論理的な思考が求められる集合の問題では、ベン図を用いて状況を整理するといいです。

サラダをつけた人が84人、デザートをつけた人は46人の部分は、そのままベン図に書き入れていけばいいです。

一方で「サラダをつけた人のうち2/7がデザートもつけた」は少し考える必要があり、

・両方ともつけた人:サラダのみの人の割合=2/7 : (1ー2/7)=2:5となる

ことがわかるのです。

つまり、サラダの人数の2/7が両方とも付けた人となり、これは84×2/7= 24人がこれに当たるのです。

今回求めるのが、どちらか一方をつけた人数、つまりサラダのみか、デザートのみの人のため、(84ー24)+(46ー24)= 60 + 22 =82人が答えとなりました。

 

SPIなどでは時間との勝負なこともあり、無駄な手間をできるだけかけないように工夫するのが大切ですね。

 

まとめ あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~という問題の解き方と答え【SPI】】

ここでは、あるレストランでランチを食べた人のうちサラダをつけた人は84人~~という問題の解き方と答え(SPI)などについて解説しました。

このような論理的思考が求められる問題では、1つ1つ丁寧に状況を整理するのがポイントですね。

さまざまな計算問題になれ、SPI、数学、算数などを得意にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました