スポンサーリンク

ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った。~~という問題の解き方と答え【SPI】

科学

SPIや数学・算数で高得点を取れるようになるには、たくさん問題を解くことが大切です。

例えば「ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った。~~」といった、論理的思考が求められる問題がありますが、この解法や答えについて理解していますか。

ここでは、このパターンの問題として「ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った~~」という問題の解き方と答えについて解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った。~~いう問題の解き方と答えは?【SPIなど】

それでは以下である商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った~~という問題の解き方と答えについて見ていきましょう。

 

問題の詳細は以下の通り。

・問題

ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った。 いくつか売れ残りが出たので廃棄したところ、1個あたりの利益は仕入れ値の12%になった。 このとき、売れた個数は何個でしょうか。

 

まずは1個当たりの仕入れ価格を仮に100円として計算してみましょう。

すると仕入れ価格の総額は、25 × 100 = 2500円となります。

さらに、実際に売れた場合の1個あたりの平均の利益分は12%なので、12円と計算できます。元の25個分合計としてみた場合の利益総額は12 ×25 =300円となるのです。

つまりすべての売り上げ総額は2500 + 300 = 2800円です。

さらに、1個あたりの実際の価格は14%増しの140円のため、2800 ÷ 140 =20個が売れた個数とわかるわけです。

なお、最初の金額が何円であっても、結果は同じです。これは上の計算では割合のみが関係してきて、初期費用は全く関係ないためといえますね。

 

このような損益斬の問題では、1つずつ丁寧に状況を整理するのがポイントです。

またSPIなどでは時間との勝負なこともあり、無駄な手間をできるだけかけないように工夫していきましょう。

 

まとめ ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った~~という問題の解き方と答え【SPI】

ここでは、ある商品を25個仕入れ、仕入れ値の40%増しの価格で売った~~という問題の解き方と答え(SPI)などについて解説しました。

このような論理的思考が求められる問題では、1つ1つ丁寧に状況を整理するのがポイントですね。

さまざまな計算問題になれ、SPI、数学、算数などを得意にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました